« 光岳 2006.7.15~16 | トップページ | 針ノ木岳、蓮華岳 2006.8.5~6 »

仙丈ヶ岳 2006.7.30

 梅雨明けが待ち遠しい今年は、先週計画していた針ノ木岳山行がダメになり、夏山第一弾は南アルプス・仙丈ヶ岳となる。3時半に出発し、仙流荘には6時少し前に着く。あらかじめ調べた時刻表では始発が6時35分となっていたので、ゆっくり身支度をする。ところが新時刻表に変わっており、始発が6時5分ということで、車でバスを戸台大橋まで追いかけて、滑り込みで乗らせてもらう。ちなみに次は8時だそうだ。

 1時間ほどで北沢峠に着き、歩き出す。ガスがでているが、上空は晴れているようだ。それにしてもすごい登山者の数だ。登り口からしばらく行くと、渋滞にはまる。40分ほどで三合目につき、雲の上に北岳が頭を出しているのが見える。大滝の頭をすぎ、森林限界をぬけると、背後に大きく甲斐駒ヶ岳が聳えている。雲は遙か下になり、そらは真っ青だ。さらに登りを一頑張りすると、大勢の人が休憩している小仙丈につく。さらに1時間ほどで、仙丈ヶ岳の山頂につく。山頂は大入り満員といったところだ。しばらく休んで、下山路を藪沢道にとり、出発。カール底に降りる道では、雷鳥の親子が砂浴びの真っ最中。近寄って写真をとる。仙丈小屋をすぎると、お花畑ということで、クロユリやシナノキンバイの写真を撮りながら下る。13時がバスの時間なので、何とか間に合うようにドンドン下る。12時40分に北沢峠に着き1時間ほどで戸台大橋に戻り、羽広荘で温泉に入って瑞浪に帰った。     

Kitadake Kaikomagatake Takanegunnaifuhro Kosenjokahru Senjogatakesancho Raicho

|

« 光岳 2006.7.15~16 | トップページ | 針ノ木岳、蓮華岳 2006.8.5~6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/11162681

この記事へのトラックバック一覧です: 仙丈ヶ岳 2006.7.30:

« 光岳 2006.7.15~16 | トップページ | 針ノ木岳、蓮華岳 2006.8.5~6 »