« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

初冬の美ヶ原 2006.11.25

 冠雪した北アルプスの写真を撮りに美ヶ原に出かけた。美ヶ原林道の冬期閉鎖が12月1日からだということをネットで確認し、朝3時に起床し、出発。長野道を松本でおり、カーナビに導かれて美ヶ原林道に入る。6時をすぎた頃、クネクネした道を登っていくと東の方が真っ赤に染まってきた。武石峰付近で日の出となり、展望台の駐車場に車を止めて、ピンク色に染まる北アルプスを撮る。ここからは、特に鹿島槍ヶ岳の姿が美しい。やがて日が昇りきり、晴天の下、草原の中の道を美ヶ原高原駐車場に向かう。ここに車を止めて三角点のある王ヶ頭に向かう。前方に秘密基地のようにアンテナが乱立して独特の景観を付くっている。

続きを読む "初冬の美ヶ原 2006.11.25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小秀山 2006.11.18

 冠雪した御岳の写真を撮ろうと久しぶりに小秀山に登った。朝5時半すぎに家を出発。まだ暗いR19を加子母に向かって走る。外気温は0度で、霧が濃い。途中、恵那峡のサークルKで行動食と朝食を買う。中津川辺りで明るくなり、霧の中R257を北上する。7時過ぎに乙女渓谷キャンプ場につく。駐車場には車が1台あった。その横に車をとめ、出発の準備をして、7時20分すぎに出発する。キャンプ場の管理棟の横を通り吊り橋を渡って、二ノ谷登山口から登る。すぐに立派な木道が始まり、延々と続く。寒さで木道の表面が凍り付いており、ちょっと気をぬくと滑りそうだ。慎重に進み、1時間ほどで夫婦滝につく。写真を撮った後、急登にかかり、あえぎながら登っていくと、滝の落ち口に出る。この辺りからちらほら積雪があらわれ、登るにつれて雪の量が多くなる。1時間ほどでカモシカ渡りにつき、慎重に岩場を進む。振り返ると白山の姿が見える。やがて三ノ谷の分岐に出、そこから30分ほどでカブト岩につく。

続きを読む "小秀山 2006.11.18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曽駒ヶ岳 2006.11.3~4

 晩秋の木曽駒ヶ岳に、上松から金懸小屋に一泊して登ることにする。初日は小屋までなので、9時に出発。途中で食料を買い込み、上松の砂防公園に11時過ぎに着く。腹ごしらえをした後、ゲートの横をすり抜け、敬神ノ滝までアスファルトの道をあるく。20分ほどで敬神ノ滝につき、水を補給して登りにかかる。徐々に急登のつづら折りになり、重荷が腰に応える。Tさんに遅れないよう頑張って登る。合目の標識ごとに小休止をとりながら頑張って足を動かす。滝から2時間できれいな金懸小屋に着く。小屋の前は切り開かれておりスカッと晴れると眺めが良さそうだ。小屋の中はきれいに整理されており、畳敷きで、おまけに布団と毛布まである。今夜は暖かく寝れそうだ。担ぎ上げたワインを飲んでラジオを聞きながら昼寝する。しばらくすると、もう1パーティーが登ってくる。今夜は、2パティー4人の宿泊となる。

続きを読む "木曽駒ヶ岳 2006.11.3~4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »