« 田立の滝・天然公園 2007.2.24 | トップページ | 編笠山 2007.3.24 »

残雪の恵那山 2007.3.10

 恵那山のホームページを見ていたら、「暖冬のため、車で大桧駐車場まで入れる。」という記事を見つけ、天気をチェックして、出かけることにした。 

 朝5時に起床。テルモスにコーヒーを入れ、出発。途中、行動食を買い、落合の交差点を右折し、富士見台林道に向かう。霧ヶ原に登る道にも雪はなく、ドンドン走り、キャンプ場をすぎた頃、残雪がちらほら見えた。強清水の手前から道にも残雪が見え始めたが、それほどのことはなく、あっけなく強清水につく。一応、ロープが張ってあるが、ほどいてさらに登る。次第に路面の残雪が増え、道一面が白く凍っている。大桧駐車場手前で、路肩にテントを張っている一団あり、その先には、若葉マークの黒いワンボックスが路肩に突っ込んでいた。どうにかその車をよけてさらに凍結した道を上り、6時50分に大桧駐車場につく。
 身支度をして7時過ぎに歩き出し、凍った路面にスリップしながらすぐに鳥越峠への登山口につく。トレースは無し、雪が締まっており、ほとんどラッセル無しで登れる。30分ほどで峠につき、一息入れて縦走路歩きとなる。道は南向きなので、雪はほとんんど解けている。すぐにウバナギに出る。空は青空、御岳、乗鞍岳、穂高吊り尾根が青空に浮かんでいる。
TorigoetohgekaraenasanUbanagikaraontakeUbanagikaranorikuradakeUbanagikarahotakaturioneFujimidaitominamikomagatakeNagisodakewonozomuOhbanyamakaraenasanOhbanyamakarakisokomagatakeOhbanyamakarahakusan 雪稜を辿り、8時50分に大判山につく。後を振り返ると、富士見台の笹原の向こうに南駒ヶ岳の白い壁が迫っている。ここからいったん下り、いよいよ長い登りにかかる。カモシカの足跡に導かれるように雪面を進む。登るにつれてラッセルが深くなり、深いところでは40cmほど足が潜る。コースを外すと股下まで潜る。ここから頂上稜線に出るまで意外に時間がかかり、11時47分にようやく前宮ルートとの分岐につく。あとはフラットな稜線を進み、雪に埋まった小屋を見て、12時23分に山頂につく。ちなみに誰にも会っていません。
 山頂には、噂の展望台があり、登って見てびっくり!高さが中途半端なので、木より低く、展望はありません!何のために作ったのか意味不明でした。
 展望台の上で腹ごしらえをしてさっさと下山。小屋の後の岩場で南アルプスの写真をとり、分岐までゆっくり戻る。あとは雪の斜面をガンガン下り、1時間ほどで大判山につく。あとはフラットな道をのんびり歩く。鳥越峠手前でハイカーの一団を追い越し、大桧駐車場には15時20分につく。荷物を積み込み、慎重に林道を下り、17時過ぎに家についた。Yukiniumattakoya Enasankarakitadakeainodake Enasankarasiomidake Enasankaraakaisidake Enasankarahiziridake Enasankaraminamiarupusunanbu 

|

« 田立の滝・天然公園 2007.2.24 | トップページ | 編笠山 2007.3.24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/14214654

この記事へのトラックバック一覧です: 残雪の恵那山 2007.3.10:

« 田立の滝・天然公園 2007.2.24 | トップページ | 編笠山 2007.3.24 »