« 残雪の恵那山 2007.3.10 | トップページ | 春光の鳩吹山 2007.3.30  »

編笠山 2007.3.24

 T先生と教え子で、雪山初山行のS君と3人で、久しぶりに編笠山に出かけた。
 天気予報では、「曇りのち雨」ということで、濡れるのを覚悟してザックカバーを携行し、朝5時半に瑞浪を出る。途中、恵那駅でS君をひろい、中津川から中央道に入る。北上するに従い、雲が切れ、青空が見えてくる。小淵沢ICでおり、観音平のゲートまでまっすぐ走る。

 8時20分に入り口につくと、ゲートは閉まっており、ご丁寧に鍵までかかっている。仕方なく、車を置いてここから1時間ほどのアルバイト。途中、カラマツ林の中の直線ハイキングコースを通り、9時半前に観音平につく。高曇りの空の下、北岳、甲斐駒ヶ岳がよく見える。
 写真をとった後、さっそく登山道に入り、雪のまったくない道を登っていく。プラブーツが足にこたえる。1時間ほどで雲海につき、小休止。ここから上にいくと徐々に積雪が現れ、雪山という雰囲気になってくる。登山道周りの木々がやけに伐採してあり、以前と風景が違っている。30分ほどで押手川につく。ここからクラストした道を1時間ほどで山頂だ。Kannondairakaraamigasayama Amigasayamasancho Gongendake
 森林限界を超えると、雪の斜面の登高になり、風も強くなる。一歩一歩ステップを切りながら登り、12時20分に山頂につく。南アルプスは雲で隠れて見えなくなっていたが、阿弥陀岳、赤岳、権現岳が眼前に迫っている。さらに北には、天狗岳、蓼科山も見える。
 風が強いので、少し下って休憩することにし、山頂を後にする。休憩後、どんどん下り、ゲートには15時すぎにつく。荷物を車に積み込み、八ヶ岳鉢巻道路を通って樅の湯で汗を流し、18時45分に瑞浪につく。Amigasayamakaraamidadakeakadake

|

« 残雪の恵那山 2007.3.10 | トップページ | 春光の鳩吹山 2007.3.30  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/14378620

この記事へのトラックバック一覧です: 編笠山 2007.3.24:

« 残雪の恵那山 2007.3.10 | トップページ | 春光の鳩吹山 2007.3.30  »