« 春光の鳩吹山 2007.3.30  | トップページ | 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 »

展望の大菩薩嶺 2007.4.30

Daibosaturei_kara_fujisan山行の様子・写真→展望の大菩薩嶺
地図
4月は忙しく、山に行かないうちに終わろうとしていた事に気がつき、春山合宿目前にして、写真を撮りがてら足慣らしに大菩薩嶺に出かけることにした。

 3時に起床。用意してあった荷物を車に積み込み出発。中津川から中央道に入りグングン飛ばして勝沼ICで高速を降りる。途中、コンビニを探して時間をロスするが、カーナビに導かれ、6時47分に上日川峠につく。連休中ということで、すでに多くの車が停まっている。警備員のおじさんに誘導され、車を止め、7時5分前に歩き出す。
 林道と平行する登山道を15分も歩くと、福ちゃん荘につく。テントが数張り張ってあり 、何人かが先を歩いている。ここから5分も歩くと富士見山荘で、展望台からは、上部に雪をまとった富士山が青空に聳えているのが見える。写真をとってどんどん進み、勝縁荘から登山道らしくなってきた道を登っていく、樹林の向こうに見え隠れする富士山をみながら歩いていくと、あっという間に介山荘が見えてくる。歩き出して1時間ほどで大菩薩峠につく。Daibosatutohge
Daibosatutohgekarafujisan Daibosaturei  峠からの眺めは最高で、西には甲府盆地をはさんで南アルプスの白い連なりが見える。南に目を移すと大きく富士山が見える。北の方には少し霞んでいるが、乗鞍岳も姿を見せていた。写真を撮りながら歩くためなかなか前には進めないが、50分ほどで雷岩につく。ここから少し樹林を登ったところが、大菩薩嶺の山頂だ。ぬかるんだ道を数分登ると、8時7分に展望のない三角点ピークにつく。Myohkennokasirafukinkarafujisan
DaibosatutohgekarakaikomagatakeDaibosatureisanchoKaminariiwakarahijiridakeakaisidakewarusKaminariiwakarafujisanKaminariiwakarasiranesanzan 記念写真を撮って、雷岩まで戻り、大休止。富士山を眺めつつパン  を食べ、至福の時を過ごす。休憩後、見納めの写真を撮って9時22分に唐松尾根を下り始める。あっという間に福ちゃん荘につき、10時6分に上日川峠につく。
 時間が早かったので、帰りは高速道を使わず、勝沼からR20で諏訪まで出て、さらにR19を経由し、16時30分に瑞浪につく。
 山行の様子は、上の「展望の大菩薩嶺」か、左の「無雪期登山・展望の大菩薩嶺」で見てください。
Daibosatutohgekaraminamialps_panorama_1

|

« 春光の鳩吹山 2007.3.30  | トップページ | 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/14899035

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の大菩薩嶺 2007.4.30:

« 春光の鳩吹山 2007.3.30  | トップページ | 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 »