« 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 | トップページ | 2007屏風山クリーンハイク 2007.5.27 »

浅間山 2007.5.19

Asamayama山行の様子・写真→浅間山
地図
天気予報では、「朝方まで雨が残るが、日中は晴れ」と出ており、それを信じて、雨の降る中、Kさん、Aさん、Nさんと4人で浅間山に出かけた。

 4時に事務所に集合。雨の降る中、車に荷物を積み込み、カーナビに導かれて進む。駒ヶ岳SAで朝食を済ませた頃、雨が上がり、前途に希望を持ちながら北上する。しかし、上信越道に入る頃には再び小雨となり、8時に登山口の天狗温泉についても依然としてパラパラ雨が降っている。数台の車がとまっており、何人かの雨具を付けた登山者が出発していく。東の空は明るいので、少し待つことにし、車の中でテレビをみながら30分ほど時間を」つぶす。小降りになった頃を見計らって、準備をし、8時40分に傘をさして歩き始める。Tenguonsen Fdohtaki Gippayama
  鳥居をくぐって幅の広い道を蛇堀川沿いにゆっくり登る。道端のスミレの花の紫色が雨に濡れて鮮やかだ。やがて雨が上がり、一ノ鳥居から沢沿いに不動滝を経て、1時間ほどで二ノ鳥居につく。一息入れて長坂を登り切ると、気持ちの良い笹原の高原に出る。左手には牙山(ぎっぱやま)の岩壁と岩峰が雲間から現れる。Kazankan Tohminokasira Asamayama_1
 2時間ほどで火山館につき、腹ごしらえをして先を急ぐ。火山館の裏手の登山道をいくと、坪庭のようななだらかな湯ノ平高原の道となる。鋸岳への分岐を過ぎると、正面に浅間山の火山礫の山頂部が大きく見える。まさに火山といった感じの山体だ。道は北に巻くように付けられ、富士山に登るような火山岩の道をグングン登る。眼下には、賽の河原と鋸岳から黒斑山に続く外輪山の火口壁の作り出す火山特有の風景が広がっている。北側の山麓の鬼押ハイウェーと遊園地の観覧車もはっきり見える。Sainokawara Sheruter Asamayamamaekakeyamasancho
 強風の中、火山館から1時間半ほどで、立入禁止告知板がある山頂稜線につく。シェルターの横を通り、20分ほどで、浅間山・前掛山山頂につく。火口原をはさんで、すぐ東に火口があり、噴煙を上げているのが見える。砂まじりの強風のため、写真をとった後、すぐに下山にかかる。稜線から下り始めて、空が暗くなったかと思うと、白い物が降ってきた。やがて、雷を伴ってすごい勢いで霰が降り始める。とにかく、樹林帯まで走るようにして下る。幸い、ガラ場を下りきる頃に、霰も止み、雷も過ぎ去ってホッとする。
 火山館で一息入れているうちに、青空になり、ゆっくり下山する。Kamosika 途中、食事中のカモシカに出くわし、写真をとったりしながら16時に天狗温泉につく。冷えた体を、鉄分をたっぷり含んだ赤い温泉で温め、高速道を跳ばして、20時前に瑞浪につく。
 山行の様子は、「無雪期登山・浅間山」か、上の「浅間山」で見てください。

|

« 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 | トップページ | 2007屏風山クリーンハイク 2007.5.27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/15133748

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間山 2007.5.19:

« 2007春山合宿 立山、奥大日岳 2007.5.3~5 | トップページ | 2007屏風山クリーンハイク 2007.5.27 »