« 越後三山縦走 2007.10.6~8 | トップページ | 岳人12月号掲載 「僕たちの山岳会にようこそ」 »

雪の涸沢 2007.10.20~21

Nanakamado_to_okuho山行の様子・写真→雪の涸沢
地図
紅葉を見にNさんと涸沢に出かけた。

 4時半すぎに瑞浪を出発、R19を北上し、薮原から境峠を越して奈川渡に出る。ダムを渡って梓川沿いに進み、7時15分に沢渡の駐車場につく。身支度をし、タクシーに相乗りしてすぐに上高地に向けて出発。小雨がパラつくあいにくの空模様だ。
 7時53分にバスターミナルに着き、ザックにカバーを掛けて歩き出す。しばらく歩くと雲間から太陽ものぞき、これ以上天気が悪化することはなさそうだ。8時43分に明神につき、一息入れる。さらに1時間弱で徳沢につく。一休みした後、さらに歩き、10時41分に横尾につく。横尾山荘は改装工事中で、営業はすでに終了していた。10分ほど休憩し、大橋を渡って屏風岩を見ながらドンドン進む。曇り空なので、せっかくの紅葉が今一パッとしない。本谷橋に近づくと、北穂の白くなった山肌と下部の紅葉、その下の針葉樹の緑の三段紅葉が見られるようになる。写真を撮りながらの登行のため、本谷橋についたのは12時を回っていた。
 橋の下で景色をみながら休憩し、涸沢への登りとなる。紅葉の中をドンドン高度を上げると、やがて紅葉の奥に白い岩壁が現れる。しかし、上部はガスの中で少々残念だ。ほどなく、足下にも積雪があらわれ、雪と紅葉の写真を撮りながらByoubunokasira遅々とした歩みを続ける。Maehokitaonenoyukitokohyoh本谷橋から2時間かかって、14時20分に真っ白な涸沢につく。さっそくテントを設営し、小屋に受付にいく。寒さのため、二人で熱燗を買い、テントの中で体の中から温める。あとはラジオを聞きながら睡眠不足の解消に専念する。
 夕食後、セリーグのクライマックスシリーズ第3戦をラジオで聞きながらシュラフに潜り込む。外はどうやら小雪が舞っているようだ。明日は奥穂に登る予定だが、この雪ではちょっと無理か…と考えながら眠りにつく。
AsanokarasawadakeAsanookuhotakadakeAsanokitahotakadakeAsanomaehokitaone 翌朝、5時半に起床。テントから顔を出すと明けかかった空には雲一つない。周りは白銀の世界で、岩と雪の殿堂の底にいることが実感できる。やがて朝日が白銀の岩壁を黄金に染め上げる。その一瞬を過ぎると、空は濃紺、山は純白の世界になる。寒さを忘れてシャッターをきりまくる。
YokoofukinnkaramaehotakadakeKarasawakaranokudariniteokuhotakadaYukinookuhowobakkuni Nさんは、少し上部まで行って写真を撮りにでかけたので、その間テントで朝寝をし、9時すぎに下山にかかる。後ろを振り返りながら、ビューポイントで写真を撮りながらの下山となる。ゆっくり下ってHonntanikarakitahotakadaketokohyoh横尾についたのは12時前。さらに、Kappabasifukinnkarahotakaturioneそこから2時間半で上高地につく。河童橋の辺りは人混みでもはや都会の雑踏と変わらない。観光客の合間を縫って、バスターミナルに行き、乗車券を買って14時35分にバスに乗り込む。30分ほどで駐車場につき、荷物を車に積み込み、温泉に向かう。その後、来た道を戻り、18時45分に瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「積雪期・アイスクライミング 雪の涸沢」か、上の「雪の涸沢」で見てください。

|

« 越後三山縦走 2007.10.6~8 | トップページ | 岳人12月号掲載 「僕たちの山岳会にようこそ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/16831892

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の涸沢 2007.10.20~21:

« 越後三山縦走 2007.10.6~8 | トップページ | 岳人12月号掲載 「僕たちの山岳会にようこそ」 »