« 御岳 2007.12.9 | トップページ | 横川山、南沢山 2008.1.6 »

キナバル 2007.12.30~2008.1.3

Stjohnspeak山行の様子・写真→キナバル
地図
例年はこの時期、冬山合宿で雪山の中にいるが、今年は年末年始に熱帯の島・マレーシア領ボルネオ島に出かけ、東南アジア最高峰・キナバルに登った。

1日目
Kankuhnite 前日、関空の近くのホテルに泊まり、余裕を持って集合場所へ向かう。今回も夏のキリマンジャロと同じAT社のツアーに参加。関空からはツアーリーダーのM氏を含め5名で出発。11時すぎにマレーシア航空の飛行機で飛び立ち、6時間のフライト後、現地時間の12月30日16時45分にクアラルンプール空港につく。ここで、コタキナバル行きの国内便に乗り換え、22時20分にコタキナバル空港に着く。外の気温は32℃、冬の日本から来た身には暑さがこたえる。現地ガイドのジュースさんが迎えに来ており、すぐにバスに乗り込み、プロムナードホテルに直行。チェックインをしてすぐにベットに入る。

2日目
 朝、深夜に成田便で到着した10名と合流し、朝食後バスに乗り込み、登山口のパーク・ヘッド・クオーターに向かう。7時40分にホテルを出て、途中休憩後、2時間40分で登山口Parkheadquarters Karusonotaki Kinabalu_barusam につく。ここで入山手続きを行いIDカードを受け取り、10分ほどバスにのり、ティンポホン登山口のゲートにつく。11時15分にゲートでIDカードを見せて歩き出す。登山道はカールソンの滝までいったん下り、あとは熱帯の森の中をグングン登るようについている。左右には、様々なランの花が咲き、ウツボカズラが木からぶら下がっている。Ran Utubokadura Kiiroiran Syakunagenoissyu Laban_rata_resthouse
 40分ごとに休憩所(シェルター)があり、休んでいるとリスが周りを走り回る。シェルターにつく度に休憩しながらどんどん登る。登り一辺倒なので、寝不足と暑さに慣れない体にはなかなかきつい。おまけに雨が降ってきて、傘をさしながらの登行となる。標高約3200mのラバン・ラタ・レストハウスに着いたのは、日暮れ間近の17時10分。さっそく部屋に入ってベットの上に大の字になる。1時間半ほど休んだ後、夕食をとり、早朝1時半の起床に備えて眠りにつく。 

3日目
 1時半に起床。0時頃には雨が屋根をたたく音が聞こえていたが、すっかり雨も上がり、星もきらめいている。トーストとスクランブルエッグをミルクとコーヒーで胃に押し込み、朝食をすませる。2時半すぎに登山開始、暗闇の中、ヘッドランプに照らし出された道をどんどん登る。最初は木でできた急角度の階段が続き、3500m付近から、花崗岩のスラブの上を歩くようになる。標高約3700mのサヤッ・サヤッ小屋でIDチェックを受け、さらに花崗岩のスラブを登っていくと、サウス・ピークが間近に見えるサミット・プラトウに出る。こStjohns_peakVictoria_peakLows_peakLows_peakniteSouth_peakからだだっ広い花崗岩のプラトウを登り、2008年1月1日6時10分に4095mのキナバル山・ロウズピークに立つ。まだ、薄暗く、東の空が少し明るくなりかけている。下からは次々と人が登ってくるのが分かる。北西には、コタキナバルの夜景がきれいだ。
 後続を待ち、夜が明けきったところで、写真をとる。雲海を眼下に角のように突き出たサウス・ピーク、すぐ近くに、5mほど低いセント・ジョーンズ・ピークが迫る。遠くにはボルネオの山々が遙かに見え、最高峰にいる気分を充分堪能する。1時間ほど山頂で過ごし、7時に下山を開始。岩峰と花の写真を撮りながらゆっくり下り、2時間でラバン・ラタ・レストハウスにつく。1時間ほど休憩し、10時すぎに下りはじめ、13時50分にティンポホン登山口のゲートに着く。ここで後続を待ち、全員そStjohns_peak_to_lows_peakSummit_puratouniteろっSchima_brevifoliaDonkey_ears_eakたところでバスに乗り込み、一路コタキナバルに向かう。
 17時に五つ星ホテルのマゼラン・ステラハーバー・リゾートにつき豪勢な部屋でシャワーを浴びる。その後、市内の海鮮料理屋で、少数民族の踊りを見ながらのディナーとなる。その後ホテルに戻り、ベットの中でゆっくりと疲れをとる。

4日目、5日目
 朝7時までぐっすり眠り、海の見えるレストランで朝食をとる。今日は夕方の出発まで自MinzokubuyouMagellansuteraharbourresort由行動。オプションツアーでコタキナバルの市内観光に出かけることにした。ガイドのリンさんは日本語ペラペラ。聞けば、クアラルンプールの語学学校で日本語を勉強したとのこと。州立のモスク、博物館、市内を一望できる展望台、中国寺院、市内の市場へと案内してもらい楽しく午前中を過ごす。午後からはいったんホテルにもどり、ツアーリーダーM氏の案内で、市街に肉骨茶(バSabahsyuuritumosuku Dorian Bah_kut_teh クティー)を食べに行く。簡単にこの料理を説明すると、漢方薬が入ったスープで肉を煮込み、そのスープに揚げパンを浸したり、ご飯にかけたりして食べるものだ。薬膳料理のようでなかなかの美味だ。昼食後ホテルに戻りテレビを見ながらのんびり過ごし、17時半にホテルを後にする。
 19時15分の便でクアラルンプールに向かい、21時35分にクアラルンプール空港につく。しばらく買い物などをし、0時前に関空に向けて出発。6時間のフライト後、8時に関空につく。後は、特急はるか、新幹線、中央線を乗り継ぎ、11時25分に瑞浪につく。

キナバルの山行の様子は左の「海外登山・キナバル」か、上の「キナバル」で見て下さい。

|

« 御岳 2007.12.9 | トップページ | 横川山、南沢山 2008.1.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/17574236

この記事へのトラックバック一覧です: キナバル 2007.12.30~2008.1.3:

« 御岳 2007.12.9 | トップページ | 横川山、南沢山 2008.1.6 »