« 高見山 2008.1.14 | トップページ | 上高地スノーハイク 2008.2.11 »

鳳来寺山 2008.1.19

Hohraijosan_no_ganpeki地図
毎年1月恒例の奥三河山行。今年は鳳来寺山にKoさん、Kaさん、Nさんと出かけた。

 朝6時に市役所に集合。山岡でKoさんをひろって、岩村、上矢作、稲武を抜け、設楽へ。 標識に従ってしばらく行くと、鳳来寺の表参道前の駐車場につく。8時前なのHoraijisantozangutiで車は一台もNiomon Kasasugi 停まっていない。外に出るとひんやりした空気が気持ち良い。身支度をしてさっそく歩き出す。最初はお店や民家が立ち並ぶ中の細い道路を上っていく。句碑やモニュメントも建ち並び、往時を偲ばせる民家も残っている。やがて、「鳳来寺山」とかかれた大きな石碑が見えてくると、長い階段の始まりだ。杉木立の中、延々と付けられた石段を登っていくと、仁王門が現れる。真っ赤な門をくぐるりさらに登ると、樹齢800年の傘杉が大きく天に向かって伸びている。写真を撮り撮り、さらにうっ そうとした森の中の石段をドンドン登り、9時15分に鳳来寺本堂につく。Hondokaraganpekiwonozomu南がわの広場からは、豊橋方面がよく見える。ここから、さらに30分ほど登ると奥の院につく。見晴らしの良い岩の側で木漏れ日を浴びながら大休止。
 ここから10分ほどで鳳来寺山山頂につく。Houraijisansanchoniteここで始めて人に出会う。この山は双耳峰になっており、北に少し行った瑠璃山という岩峰の方が11mほど高いようなので、そちらへも足を延ばす。山頂から5分も歩くと瑠璃山で、岩峰の上に登ると、遠く南アルプスの聖岳辺りが白く輝いているの Okunoinkaranonagame が見えた。写真をとったあと、もう一度鳳来寺山山頂まで戻り、天狗岩方面に下りる。ぐぐっと下って稜線を辿りしばらくいくと天狗岩だ。展望台になっており、しばらく休憩する。下から30人くらいの団体が来たので入れ替わるように出発。途中、黒曜石の露岩がある場所を通り、山腹を巻くようにして下ると、鳳Horaisantosyoguh 来山東照宮に出る。少し遅い初詣をして、階段を降り、少し行くと鳳来寺本堂に出る。ここから少し下った広場で、コンロを出して昼食とする。小一時間ほど昼食時間をとり、13時すぎに下山開始。石段下りではなく、Umanoseyorisanchowonozomu 馬の背展望台を経由して、仁王門まで戻り、少し石段を下ると登山口だ。14時前に駐車場につき、帰りは寄り道して、千枚田を見、稲武で温泉に入り、16時半に瑞浪に着いた。

|

« 高見山 2008.1.14 | トップページ | 上高地スノーハイク 2008.2.11 »

コメント

風邪は良くなられましたか?
鳳来寺山、以前そちらにすんでいる時には一人で良く行っておりました。懐かしいです。
今年に入ってからは一度も山に行けず、強いて言えば実家の裏山をうろうろした程度(笑)。
行きたいところは沢山あるのですが…

投稿: cocco | 2008年1月23日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/17752841

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳来寺山 2008.1.19:

« 高見山 2008.1.14 | トップページ | 上高地スノーハイク 2008.2.11 »