« 経ヶ岳 2008.2.17 | トップページ | 飯縄山 2008.3.2 »

入笠山スノーシューハイク 2008.2.25

Nyuugasayamasanchokaranokesiki山行の様子・写真→入笠山スノーシューハイク
地図
振り替え休みの月曜日。スノーシューの履き初め&写真撮影に入笠山に出かけた。

 まだ暗い5時に出発。節約のため、薮原までR19を走り、権兵衛峠トンネルを抜けて伊那Nyugasasitugen に出る。伊那から中央道を諏訪南まで走り、インターを出て10分ほどで富士見パノラマスキー場につく。ゴンドラは8時45分からの運行なので、ゆっくり支度し、始発時間ちょうどに乗り込む。10分ほどで山頂駅につき、外に出ると、青空の下、八ヶ岳が美しい。ゲレンデからすぐに登山口なので、さっそくスノーシューを装着し歩き始める。最初は入笠湿原まで下り気味に進む。10分ほどで雪原と化した湿原につく。南の方に山頂が見える。写真を撮りながらさらに15分ほど進むと御Nyugasayamakarachuoalps所平につく。
NyugasayamasanchoNyugasayamakarafujisan   ここから左に折れると少し傾斜が増してくる。北を見ると蓼科山や北八ヶ岳が見える。樹林の中を快調に登り、10時すぎに山頂につく。無風快晴。360°の大パノラマで、南には大きく富士山、金字塔の甲斐駒ヶNyugasayamakarakaikomagatakeNyugasayamakarasenjogatake Nyugasayamakarayarihotakarenpo 、台形の仙丈ヶ岳。東には阿弥陀岳西壁が切り立っているのが特徴的な八ヶ岳の峰々。西には屏風のような中央アルプス。北には真っ白な槍・穂高連峰に続く北アルプスの山々。とにかく中部山岳の名だたる名峰が一望の下だ。ゆっくり写真を撮ったあと、カップラーメンで体を温め、11時半すぎに下山にかかる。Nyugasayamakarayatugatake Tatesinayamatokitayokodake Suwakotokurumayama 12時すぎにゲレンデの山頂駅につき、ゴンドラに乗って駐車場に下り、12時半に帰路につく。帰りは中央道にのらず、県道を辰野に抜け、R153を伊那まで南下し、権兵衛峠トンネルを抜け、木曽福島のくるま屋でそばを食べ、16時半に瑞浪につく。山行の写真は左の「積雪期・アイスクライミング 入笠山スノーシューハイク」か、上の「入笠山スノーシューハイク」で見て下さい。

|

« 経ヶ岳 2008.2.17 | トップページ | 飯縄山 2008.3.2 »

コメント

肥田中1年の鈴木寛大です。

先生のホームページはすばらしいですね。もう、最高です。写真もきれいでとてもうつくしかったです。


投稿: 鈴木寛大 | 2008年2月26日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/40262235

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山スノーシューハイク 2008.2.25:

« 経ヶ岳 2008.2.17 | トップページ | 飯縄山 2008.3.2 »