« 飯縄山 2008.3.2 | トップページ | 御岳雪上訓練 2008.4.19 »

根子岳山スキー 2008.3.22

Nekodake_sancho_to_azumayayama山行の様子・写真→根子岳山スキー
地図
山スキー初挑戦に、Tさんと根子岳へ出かけた。

My_ski 朝5時前に瑞浪を出発。中津川ICから中央道に上がり、順調に上田菅平ICまで走る。高速を降り、国道を走り、8時15分に菅平高原・奥ダボススキー場に着く。さっそく、板にシールを装着し、リフトに乗ってゲレNekodakeKasimayarigatakekgoryudakeYarihotakarenpohンデトップまで上がる。 雪原の向こうに、北アルプスのパノラマがすばらしい。ま Kitaalpswobakkuniずは写真を撮り、9時すぎにシールを利かせて歩き始める。雪に潜ることなく快調に登っていく。空は雲 一つ無い快晴、おまけに無風で歩くと暑い。とうとうTシャツで歩く。時折休んで写真を撮りながら、グングン登る。
 12時すぎに山頂に到着。Togakusiyamatotakatumayama Kurohimeyamatoyakeyama Myohkohsantohiutiyama 東側には四阿山、浅間山が見える。草津白根山もよく見える。西には北アルプス、戸隠連山、飯縄山、黒姫山、妙高山、焼山、火打山と真っ白な山並みが一望だ。山頂で記念写真をとり、お湯を沸かしてカップラーメンのランチタイムとなる。絶景を見ながら無風快晴の山頂で小1時間過ごす。
NekodakekaraasamayamaNekodakesanchonite   13時前にいよいよ滑走開始。ここからゲレンデトップまでが、難行苦行となる。圧雪してない斜面は手強く、ターンが上手くできず、やたらと脹ら脛に力をいれてしまう。おかげで脹ら脛がパンパンで、5回も転けて雪まみれになる。1時間半かけてゲレンデトップにたどりつき、駐車場までのゲレンデ滑走となる。圧雪してあるゲレンデに入るとスイスイ滑れるので驚きだ。これほど違うものとは思っていなかったので、これから練習をしなければならないことを痛感した。車に戻り、身支度をし、真田温泉で汗を流して、19時に瑞浪についた。山行の写真は、左の「積雪期・アイスクライミング 根子岳山スキー」か、上の「根子岳山スキー」で見て下さい。

|

« 飯縄山 2008.3.2 | トップページ | 御岳雪上訓練 2008.4.19 »

コメント

お疲れ様です!
いつもいつも凄いですね。それに比べうちはアカン…今シーズンはまるで駄目でした。
今月28日から12日間、里帰りします。どこかで見かけたら声掛けてください…て、帰ってばっかりじゃん(笑)。

投稿: cocco | 2008年3月24日 (月) 03時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/40605995

この記事へのトラックバック一覧です: 根子岳山スキー 2008.3.22:

« 飯縄山 2008.3.2 | トップページ | 御岳雪上訓練 2008.4.19 »