« 根子岳山スキー 2008.3.22 | トップページ | 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 »

御岳雪上訓練 2008.4.19

Ontakesanchohemukau_2地図
春山合宿に向け、Tさん、Nさんと御岳で雪上訓練を行った。

 5時に瑞浪を出発。当初、田の原までスキー場のゴンドラで上がるつもりでいたが、すでにスキー場は営業を終了しており、田の原までの道の除雪は25日に完了するということなので、ロープウェイスキー場からのコースに変更する。8時前に駐車場に着き、Nさんにアイゼンの付け方や安全ベルトの付け方、ピッケルの持ち方などを教えながらゆっくり支度をする。スキー場の端でアイゼン歩行の練習を少しし、8時半すぎにゴンドラに乗り、スキー場トップに向かう。
Zyurintai  スキー場トップの雪壁でキックステップの練習をし、9時過ぎに歩き出す。微妙なトレースの跡をひろいながら樹林帯を登り、1時間ほどで森林限界を抜ける。天気は曇り時々晴れとい った具合で、残念ながら展望はあまりない。2時間半ほどで、9gohmesitakarasanchowonozomu 夏道の尾根に合流し、9合目下の雪壁を登る。スキーヤーが多く、ジグザグにトレースがあるが、谷の中央に行かないように、直登ぎみに登る。12時半前に稜線に着く。ホワイトアウト状態で、何も見えない。時折ガスがきれ、周りが見えるが、二ノ池は雪の中だ。30分ほど稜線を辿ると、3067mの御岳山頂だ。時間は13時。
Ontakesanchonite  記念写真をとり15分ほど休憩し、さっそく下山にかかる。9合目下の斜面の下部で、滑落停止、スタンディングアックスビレー、プルージックでの歩行などの訓練をして、ゲレンデトップには15時15分につく。あとは、ゴンドラで下まで下り、寝覚め温泉で汗を流し、18時20分に瑞浪についた。

|

« 根子岳山スキー 2008.3.22 | トップページ | 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/40930935

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳雪上訓練 2008.4.19:

« 根子岳山スキー 2008.3.22 | トップページ | 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 »