« 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 | トップページ | 春の恵那山 2008.5.17 »

2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳 2008.5.3~5

Karasawa_tentomura山行の様子・写真→2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳
地図
今年の春山合宿は、2年ぶりの涸沢。Nyさん、Kさん、Nsさんと計4人で出かける。

 1日目
 早朝4時出発が、目覚まし時計の不調で集合場所に遅刻し、30分遅れでスタート。R19を順調にとばし、薮原から県道に入り、境峠を越えて7時に沢渡の駐車場につく。ここでタクシーに乗り換え、30分ほどで上高地のバスターミナルにつく。天気は上々、8時15分に歩き出Kappabasikarahotakadakesawa す。新緑に囲まれた道を久しぶりの重荷にあえぎながら、9時過ぎに明神につき休憩。さらに梓川の清流と明神岳を仰ぎ見ながら歩き、10時15分に徳沢着。フキノトウが辺り一面に咲き出している中、横尾に向かう道すがら、ニホンザルがNihonzaru 堂々と若芽をついばんでいるのに遭遇する。人間が近寄ろうが堂々として逃げるそぶりさえ見せない。1時間のアルバイトの末、11時半前に横尾につく。ここで30分たっぷり休憩し、いよいよ登山道に入る。屏風岩を見上げながら1時間半ほどで本谷橋につく。Kitahotoryo ここから雪渓歩きとなり、雪の急斜面の登りとなる。谷を詰めるにつれて、前穂北尾根が近づき、涸沢ヒュッテの鯉のぼりを目で探す。何段か雪の瘤を越えると、前方に鯉のぼりが見えて来る…が、ここからがなかなか長い。ようやくテント場についたのが16時すぎ。とにかくザックを下ろし一息入れる。その後、テントを設営し、中に入りビールで乾杯!疲れた体にあっという間に染み込む感じだ。宴会後、ポトフで晩餐会となりたらふく食べたあと、明日に備えて就寝となる。
 2日目
Asanokarasawa  朝3時に起床。昨夜の残りで 朝食を摂り、明るくなった5時15分に出発。Ksさんはテントキーパーで3人で奥穂高岳をめざす。雪の階段をグングン登ると、Azukizawanite高度がどんどん増し、眼下に涸沢のテント村が小さく見える。2時間ほどで風の強い白出のコルにつく。雪に埋まった小屋の屋根越しに、笠ヶ岳、遠く白山が見える。ヤッケを着て、奥穂の登りにかかる。ハシゴを登り、Seppekiwonoboru その上の雪壁を慎重に登ると山頂稜線に出る。そこから雪稜を辿り、8時23分に奥穂高岳山頂につく。360°の大パノラマで、遠くは富士山、近くは断崖の北穂高岳、天を突く槍ヶ岳など北アルプスの名峰が手に取るように見える。40分ほど景 Okuhotakadakesanchokarakitahotakada Jyandarumu Turionetomaehotakadake OkuhotakadakesanchoniteyarigatakewoOkuhotakadakekarayarigatakeKarasawadakesanchonite色を堪能し、下山にかかる。雪壁とハシゴを慎重にこなし、9時40分に白出のコルにつく。時間に余裕があるので、Nyさんと二人で涸沢岳に登ることにし、20分ほどの登りで涸沢岳山頂につく。 山頂は満員御礼状態で早々に引き上げる。10時半にコルに戻り、アズキ沢を一気に下り、45分でテントに戻る。後は、恒例涸沢名物、おでんと生ビールで乾杯!その後、ポカポカ陽気の下、昼寝を楽しみ幸せな一日が過ぎた。
 3日目
 北穂高岳に登る予定だったが、ガスにつつまれ、遅くなると雨が降るということなので、朝食後下山となる。6時前に出発し、雪渓を一気に下り、7時40分に横尾につく。ここからテクテク3時間で河童橋につく。小雨がぱらつく生憎の天候にも関わらず、観光客がごったがえしている。ターミナルからすぐにタクシーに乗り、11時20分に駐車場につく。その後、温泉で汗を流し、遅い昼食をとり、16時15分に瑞浪についた。
 山行の様子は、左の「合宿 2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳」か、上の「2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳」で見て下さい。

|

« 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 | トップページ | 春の恵那山 2008.5.17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/41101104

この記事へのトラックバック一覧です: 2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳 2008.5.3~5:

« 残雪の経ヶ岳 2008.4.28 | トップページ | 春の恵那山 2008.5.17 »