« 2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳 2008.5.3~5 | トップページ | 寺田小屋山 2008.5.26 »

春の恵那山 2008.5.17

Haruno_enasan地図
雪の消えた頃を見計らって、Tさん、Sさん、Nさんと恵那山に出かけた。

 瑞浪を朝6時すぎに出発。恵那で行動食を調達し、富士見台への林道に向かう。天気は春霞があるが、まあまあの晴れ。7時半前に追分登山口下の駐車スペースにつく。身支度をして林道を少し歩くと登山口の看板が見える。
 取り付きから急登が始まり、グングン高度をかせぐ、15分ほど登るとトラバース状の道にYamazakura なり、8時前に鳥越峠につく。汗を拭いて笹の茂った水平の道を快調に進む。途中、山桜がきれいに咲いているとこがあった。峠から40分ほどで大判山につく。太陽が高くなるにつれて気温も上昇し汗が噴き出る。Ohbanyamakaraenasan 北は霞んでおり残念ながら御岳は見えない。
 ゆっくり休んで、9時前に出発。いったん下って、2,3ピークを越えると、残雪が現れる。稜線直下の傾斜が増してくる辺りから一面の雪原となり、ズボズボはまりながらの登高となる。10時半前に、雪に埋もれた前宮ルートとの分岐点に到着。一息入れて、雪の山頂稜線歩行となる。歩き始めてすぐに、昨年11月のセスナ機墜落Sesunanozangai 現場に行き当たる。辺りの木は薙ぎ倒され、飛行機の破片が散らばっていた。すれ違った登山者によると、まだ現場検証は完了していないということだ。
 雪の頂稜を辿り、11時すぎに山頂に到着。Enasansanchonite 山頂は広河原ルートから登ってきたツアーの人々で大賑わいの状態だ。すぐに彼らは下山したので、Tさん持参のコンロでお湯を沸かし、スープとコーヒーをいただく。ゆっくり休憩した後、12時前に下山開始。来た道を忠実に戻り、14時半すぎに駐車場に到着。荷物を積み込み、瑞浪に向かい、市役所に16時についた。

|

« 2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳 2008.5.3~5 | トップページ | 寺田小屋山 2008.5.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/41235420

この記事へのトラックバック一覧です: 春の恵那山 2008.5.17:

« 2008春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳、涸沢岳 2008.5.3~5 | トップページ | 寺田小屋山 2008.5.26 »