« 春の恵那山 2008.5.17 | トップページ | 越前・経ヶ岳 2008.6.1 »

寺田小屋山 2008.5.26

Teradakoyayamakaranonagame_2地図
振り替え休みの月曜日。降水確率0%ということで、前から気になっていた裏木曽の寺田小屋山に出かけた。

Taki  朝6時前に出発。R19を走り恵那から苗木に抜けてR257を北上。舞台峠を越えて下呂市の竹原地区から乗政温泉に向かう。温泉宿を過ぎて、林道をさらに登ると白草山登山口につく。そこからまた少し行き、鎖で封鎖してあるところで車を止める。身支度をして7時半すぎに歩き出す。まずは、1.7kmの林道歩きだ。良く整備された道を20分ほど歩くと、寺田小屋山登山道という標識が立っている。林道の左手の壁に付けられた道を登Tozanguti Gerositakeharatikuると樹林の中に道は続いている。 九十九折りの道をドンドン登ると、苔むした岩の道になる。やがて露で濡れた笹が道に覆い被さるようなところを登り、40分ほどで稜線に出る。
 残雪の御岳が間近に見えることを期待していたが、春霞でうっすらと影のような御岳で残念。笹原を少し登ると、8時41分に木立に囲まれた山頂にあっけなく到着。Teradakoyayamasanchonite 山頂は二等三角点、朽ちかけたSanchofukinnyoritakamoriyama測量櫓の残骸が立っていた。記念写真を撮り、少し戻った見晴らし良い電波塔の跡地で9時まで休憩。 その後、30分で登山口まで下り、林道を20分歩いてゲートにつく。ザックを車に積み込み、帰路につく。ちなみに白草山登山口には6台車が止まっていた。家には12時前につき、昼飯前登山となった。

|

« 春の恵那山 2008.5.17 | トップページ | 越前・経ヶ岳 2008.6.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/41324675

この記事へのトラックバック一覧です: 寺田小屋山 2008.5.26:

« 春の恵那山 2008.5.17 | トップページ | 越前・経ヶ岳 2008.6.1 »