« 乗鞍岳・中洞権現ノ尾根 2008.7.12 | トップページ | 荒島岳 2008.7.26 »

聖岳 2008.7.20~21

Hijiridakesanchotoakaisidake 山行の様子・写真→聖岳
地図
久しぶりに、南アルプス・聖岳に登る計画を立て、梅雨明けの翌日出かける。

 3時に起床。用意していた荷物を車に積み込み出発。中央道を飯田で下り、カーナビに導かれて上村に出る。R152を南下し、下島トンネルの手前から下栗に向かう細い道路に入る。山肌にへばりつくように立っている民家を見ながら遠山川まで下り、川沿いの道をドンドン奥に入る。6時すぎに便ヶ島に到着。すでに駐車場は満車状態だ。
 身支度をして歩き出す。まずは西沢渡までの林道歩きだ。40分ほどで西沢渡につき、籠の渡しで対岸に渡る。すぐに造材小屋につき、ここから急登が始まる。山の中とはいえ、標高はまだ1000mほど、歩くと汗が滝のように噴き出す。おまけにかなりの急傾斜で背中の荷物HijiridairaHakusanchidori が足腰にこたえる。休み休み上って行くと1700m付近からは、苔むした原生林の中の道となり、幾分涼しくなってくる。登山口から歩くこと5時間ほどで、薊畑につく。今日の登りはこれまで、後は20分ほど聖平まで下るだけだ。聖平には12時ちょうどに着き、テントを設営する前に我慢しきれず、キンキンに冷えたビールを買って飲み干す。あとはラジオを聞きながら昼寝あるのみ!ゆっくり過ごして明日に備える。
 翌日、3時に起床。簡単に食事を済ませ、昨夜の夕立で濡れたテントを撤収し、4時に出Yotubasiogama 発する。まずは薊畑まで20分ほどで登り返し、荷物をデポ。カメラ、食料、水だけもって聖岳に向かう。45分ほどで小聖岳のピークにつき、聖岳と兎岳の南壁を見上げる。ここからガレた稜線伝いに進み、聖岳の山肌に取り付く。
 ザレた砂礫の道をジグザグを切りながらグングン登り、6時12分、快晴の聖岳山頂につく。北には大きく赤石岳が聳え、さらに北には仙丈ヶ岳がよく見える。西から北にかけては、中央アルプス、御岳、乗鞍岳、槍・穂高連峰が雲海に浮Hijiridake Hijiridakesancho Hijiridakekaraakaisidake Hijiridakekarafujisan Hijiridakekarayarihotakarenpo Usagidake かんで見える。また、南には逆光の中、大きく富士山が聳えている。そして、上河内岳、光岳などの南アルプス南部の山々も青く連なっている。充分に景色を堪能し、6時40分に下山にかかる。気温が上がる中、バテバテになりながら11時前に便ヶ島につく。国道に出てから少し南下し、神楽の湯で汗を流し、14時45分に家に帰り着く。
 山行の様子は、左の「無雪期登山・聖岳」か、上の「聖岳」 で見て下さい。

|

« 乗鞍岳・中洞権現ノ尾根 2008.7.12 | トップページ | 荒島岳 2008.7.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/41924862

この記事へのトラックバック一覧です: 聖岳 2008.7.20~21:

« 乗鞍岳・中洞権現ノ尾根 2008.7.12 | トップページ | 荒島岳 2008.7.26 »