« 八ヶ岳・赤岳、硫黄岳 2008.12.20~21 | トップページ | 綿向山 2009.1.4 »

2009冬山合宿 金峰山 2008.12.31~2009.1.1

=コースタイム=
1日目
6:10瑞浪~9:40廻目平9:58~10:52分岐~12:35金峰山小屋13:00~13:22金峰山13:52~14:04金峰山小屋(泊)
2日目
5:30金峰山小屋6:11~6:30金峰山7:00~7:11金峰山小屋8:35~9:18分岐~10:02廻目平10:15~15:46瑞浪Kinpusansanchokaragantannoakafuji
山行の様子・写真→2009冬山合宿・金峰山
地図
すばらしい初日の出と赤富士でした。

 今年の冬山合宿は北アルプス・蝶ヶ岳の予定だったが、悪天が続くと予想されたので、急遽、奥秩父・金峰山へ行くことになる。
 6時に事務所でNさんと合流。中津川から高速で山梨県へ。長坂のインターチェンジを降り、カーナビに導かれて廻目平に9時40分につく。外は氷点下、さっそく身支度をして10時前Mawarimedairafukinnkaraogawayamanog Yatugataketomizugakiyama に歩き出す。天気は上々で木漏れ日が雪に反射してかなりまぶしい。1時間ほど林道を歩くと、八丁平への分岐につき、ここから本格的な登山道が始まる。最初は沢沿いに登っていくが、やがて沢を離れて尾根へ向かっての登りとなる。途中、展望の良い場所からは八ヶ岳と瑞牆山が青空をバックにきれいに見える。道はやがて樹林帯の急登となり、あえぎながら高度を稼ぎ、ちょっとした鞍部に出る。さらにもう一登りし、12時半すぎに金峰山小屋につく。
   ここで八ヶ岳を眺めながらゆっくり食事をし、荷物を置いて金峰山山Kinpusangoya頂に向かう。20分Kinpusansanchoほどの登りで、山頂につくと、南に大きく富士山が聳えている。また、南アルプスや中央アルプス、八ヶ岳も青空の下、白く輝いている。残念ながら北アルプスは雲の中で見えない。記念写真をとり山頂をあとにし、暖かい小屋に入り、炬燵でビールを飲みながら至福の大晦日をすごす。夕食は、年越しそば&缶ビール付きで大満足。明日の初日の出に備えて早めに眠りにつく。
 翌朝、5時半に起床。-25℃と極寒の元旦を迎える。山頂で初日の出を見るため、暖かくして6時過ぎに小屋を出る。6時半に山頂につくと、東の空は茜色に染まり出している。Akafuji 2009hatuhinode 富士山はまさに赤富士状態で、下界の闇の上に赤く浮かんでいるようだ。寒さで足先が冷たくなるので足踏みしながら日の出を待つ。6時47分に国師ヶ岳の西側から真っ赤な朝日が顔を出し、2009年の朝がスタートした。寒さに耐えきれず、日の出の後はさっさと小屋に戻り、おせちと雑煮の朝食をいただく。
 ゆっくり支度をし、8時半すぎに小屋を出る。下りはグングン進み、1時間半ほどで廻目Suwataisyakamisyahongu 平につく。荷物を車に積み込み、小淵沢で温泉に入り、諏訪まで足を延ばし、諏訪大社に初詣をし、16時前に瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「冬山合宿 2009冬山合宿・金峰山」か上の「2009冬山合宿・金峰山」で見てください。 

|

« 八ヶ岳・赤岳、硫黄岳 2008.12.20~21 | トップページ | 綿向山 2009.1.4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/43604414

この記事へのトラックバック一覧です: 2009冬山合宿 金峰山 2008.12.31~2009.1.1:

« 八ヶ岳・赤岳、硫黄岳 2008.12.20~21 | トップページ | 綿向山 2009.1.4 »