« 明神平・明神岳 2009.2.11 | トップページ | 前山 2009.3.1 »

乗鞍岳山スキー 2009.2.21

=コースタイム=
5:00瑞浪~8:33乗鞍高原スキー場P8:50~10:00カモシカ平~12:30 2375m地点12:58~13:37カモシカ平~14:30スキー場P14:50~18:27瑞浪
Norikuradaketakamagaharakengamine_2山行の様子と写真→乗鞍岳山スキー
地図
山スキー歴2年。今年も山スキーの季節がやってきました。シーズン初挑戦は乗鞍岳!

 昨シーズン始めた山スキー。上手くなるためには練習あるのみ!ということで、Tさんと乗鞍岳に出かける。
 朝5時に瑞浪を出発。暗闇にちらほら雪が舞っている。現地の様子が心配だ。19号を恵那方面に向かうとだんだん雪の量が増してくる。今日は吹雪か…。長野県に入り、6時を過ぎAiyounoyamasky ると雪も止み、青空が見え始め一安心。薮原で19号から分かれた途端に、路面は凍結状態だ。スリップしないよう慎重に進み、無事、境峠を越える。ダムを渡り、梓川沿いに進み、乗鞍高原への標識に従い、左折。凍結した道を登っていくと乗鞍高原につく。
 スキー場の第三駐車場に車をとめ、身支度をしてゲレンデに。リフトを3本乗り継ぐため、三回分の券を買い、ゲレンデトップに向かう。
Hatimoriyamatokohatimoriyama  ゲレンデトップがツアーコースのスタートとなっており、先行パーティーも大勢いる。シールを装着し、10時すぎにスタート。 快調に登高するが、傾 斜がきつすぎるところでは上手く登れない。少し進むと傾斜も適当になAozoratojyuhyouり、Takamagaharatokengamine青空に雪を付けた木々が美しい。やがて左手にお椀を伏せたような形の高天ヶ原のピークが見え出す。さらに登ると、雪煙が舞う剣ヶ峰ヶ見える。2時間半ほど登ったところでタイムアウト、標高は2375m。少し休んでいよいよ滑走開始!
Norikuranimukatte  昨年よりも幾分曲がることもできるようになったような感じだが、傾斜がきつくなると、曲がりきれず転けてしまう。なんとか、体勢を立て直しながら、気持ち良く滑る。途中、スノーシューでのぼるNさんと遭遇。合計4回ほど雪に突っ込み、それでも怪我なくゲレンデに帰還。あとは、ゲレンデをグングン下り、14時半に車につく。
 装備をはずし荷物を車につき込み、銀山荘の温泉で冷えた体を温め、帰路につく。瑞浪には18時半につく。山行の様子と写真は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 乗鞍岳山スキー」か、上の「乗鞍岳山スキー」で見てください。

|

« 明神平・明神岳 2009.2.11 | トップページ | 前山 2009.3.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/44132316

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳山スキー 2009.2.21:

« 明神平・明神岳 2009.2.11 | トップページ | 前山 2009.3.1 »