« 海の見える山・本宮山 2009.1.24 | トップページ | 竜ヶ岳 2009.2.9 »

恩田大川入山  2009.2.7

=コースタイム=
5:00瑞浪~6:48あららぎ高原スキー場7:05~8:10尾根~9:38大川入山分岐~10:10展望ピーク10:23~11:05恩田大川入山11:45~12:11展望ピーク~12:28大川入山分岐~13:50あららぎ高原スキー場14:00~16:13瑞浪Tenbopeakyorichuoalps_2
山行の様子、写真→恩田大川入山
地図
積雪期しか登れない季節限定の山・恩田大川入山に登ってきた。天気は冬晴れ、展望は超最高の山行となった。

 治部坂から登る大川入山の奥に、地図には記載がないもう一つの大川入山が存在するという情報を得て、Tさんと出かける。その名は、恩田大川入山。恩田川の源頭で、あららぎ高原スキー場から大川入山に続く登山道を登り、途中で分岐し、稜線を辿らなければならないらしい。ただし、無雪期は藪で、積雪期に限って登ることができる。
Araragikougen 夜が明けて間もなく、あららぎ高原スキー場につく。装備を整えまずゲレンデ登高となる。中腹まで登ると、左手に登山道の目印があり、それに従って登る。沢を渡ると急登が始まり、強い陽差しで、体温がどんどん上昇する。1時間ほどで尾根に出、ここから尾根通しでOkawairiyama 高度を上げていく、雪はよくしまり快調に登る。東側を時折見ると、南アルプスの山並みが高く見えている。北方には樹間に御岳や乗鞍岳が見えてくる。9時半過ぎに大川入山との分岐につく。
Siranesanzan ここからルートファインディングしながら稜線を進む。2,3のアップダウンの後、展望ピークにつき、穂高連  峰から、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、御岳、伊吹山、鈴鹿山脈と、すばらしい360°のOndaokawairiyamaoku大パOntakenorikuradakehotakarenpoノラマを堪能する。やがて三つのピークを越え、11時すぎに、樹林の中の恩田大川入山山頂につく。とりあえず証拠写真をとり、日当たりの良い場所で南アルプスを見ながらランチタイム。40分ゆっくり休憩し、下山にかかる。
 下りはあっと言う間で、14時前に駐車場につく。帰路、ひまわりの湯で汗を流し、16時すぎに瑞浪に着く。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 恩田大川入山」か上の「恩田大川入山」で見てください。

|

« 海の見える山・本宮山 2009.1.24 | トップページ | 竜ヶ岳 2009.2.9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/43984576

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田大川入山  2009.2.7:

« 海の見える山・本宮山 2009.1.24 | トップページ | 竜ヶ岳 2009.2.9 »