« 鈴鹿・釈迦ヶ岳~ハト峰 2009.3.7 | トップページ | 高時山 2009.3.28 »

御岳山スキー 2009.3.21

Gerenndetop_kara_ontake_wo_nozomu=コースタイム=
6:00瑞浪~8:15御岳ロープウェイスキー場8:55~9:15ゲレンデトップ~12:23九合目小屋~13:00頂上稜線~12:25御岳12:30~13:50頂上稜線~15:18ゲレンデトップ~15:40駐車場15:55~19:00瑞浪
山行の様子・写真→御岳山スキー
地図
久しぶりに7人といい大人数で御岳に登る。Oさん、Tさん、僕はスキー登高&滑走、Yさんは、スキーを担いでの登高、NkさんとNr夫妻はノーマル登山とそれぞれの登り方で御岳を楽しんだ。

 市役所に6時集合。Oさんは現地集合ということで、一路御岳に向かう。心配していた渋滞もなく、順調にスキー場につく。Oさんは1時間ほど前に到着していたとのこと。さっそく準備をし、ゴンドラに乗り込む。
 結局、9時すぎに登高開始。まずはシールをきかせて樹林帯を登る。程なく森林限界に到達し、視界が開ける。北には真っ白な乗鞍岳がよく見える。真っ青な空の下、だだっ広Norikuradake_wo_nozomu い尾根を汗をかきながら登っていく。大勢の登山者が山頂をめざしており、その半分くらいが山スキーヤー、スノーボーダーといった感じだ。Nr夫妻はマイ・ペース登山なので、5人で先行する。
Yamaski_de_noboru  女人堂が見える尾根の頭でスキーアイゼンをつける。Tさんがアイゼンのジョイントがうまくいかず、残りの4人で先行し、9合目下の尾根合流点をめざす。途中、傾斜が増してきたので、スキーを脱ぎ、アイゼンを装着する。大汗をかきながら雪の斜面を登り、9合目小屋の屋根の上で休憩。東には中央アルプスの山並みが白く浮かび、遠く、八ヶ岳、浅間山まで見える。
Ontake_sancho_chokkaNorikuradake_hotakadake_kasagatake  ここでNrさんから携帯がはいり、13時をめどに下山を開始することを打ち合わせる。Yさんはここで待機、僕とOさん、Nkさんで稜線をめざす。30分ほどで稜線に出、Nkさんと二人で素早く山頂を往復する。
 いよいよ滑走開始。Nkさんは歩きでドンドン下る。Oさんは華麗なテレマーク・ターンを決めながら急斜Ontake_sancho_2009321 面を下りていく。そして、自分は急角度に恐怖感を感じつつ、3000mから初格好。最初のターンはなんとか成功!しかし、次のターンで見事撃沈。何とか体勢を立て直し再トライ。Yさん、Tさんが待つ9合目まで数回コケながらも無事到着。尾根合流点までの最後の急な壁もなんとかこなす。尾根合流点からは斜面の角度といい、堅さと良い絶好のコンディションで、爽快に滑走できた。この数分のために4時間登ってきたKaitekina_kassou ようなものだ。
 あとは広い尾根を滑り、樹林帯を木にぶつからないように慎重に滑走し、ゲレンデトップに無事到着。あとは、スキー場をスイスイ下り、15時半すぎに駐車場につく。その後、木曽温泉で体を温め、19時に瑞浪に着く。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 御岳山スキー」か「御岳山スキー」で見てください。

余談:山に関しては満足の一日だったが、スキー場で当て逃げされ、左バンパーが大破。怒り心頭です!\(*`∧´)/

|

« 鈴鹿・釈迦ヶ岳~ハト峰 2009.3.7 | トップページ | 高時山 2009.3.28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/44427503

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山スキー 2009.3.21:

« 鈴鹿・釈迦ヶ岳~ハト峰 2009.3.7 | トップページ | 高時山 2009.3.28 »