« 蓼科山雪上訓練 2009.4.19 | トップページ | 2009春山合宿 飛越トンネル~北ノ俣岳~薬師岳 2009.5.2~4  »

コグルミ谷~御池岳~鈴北岳~鈴ヶ岳~鞍掛峠 2009.4.29

Suzukitadake_kara_oikeyama地図
山行の様子・写真→コグルミ谷~御池岳~鈴北岳~鈴ヶ岳~鞍掛峠
=コースタイム=
5:17瑞浪~7:36駐車スペース7:41~7:46コグルミ谷登山道入口~8:34カタクリ峠~9:29御池岳9:40~10:10鈴北岳10:17~11:07鈴ヶ岳11:13~11:41鈴北岳~12:13鞍掛峠~12:25鞍掛トンネル~12:37駐車スペース12:45~14:16瑞浪
 今月の鈴鹿は、御池岳。コグルミ谷から登り、鞍掛峠まで縦走した。

 5時過ぎに出発。予報通り快晴。まずは国道19号で勝川まで行き、東名阪に入る。快調にとばし、桑名ICでおり、国道421号を北上、国道306号に合流し、黄金大橋南から左に曲がり、鞍掛峠に向かう。
Kogurumidani_tozanguti  いくつもカーブを過ぎると駐車スペースに沢山の車がとまっている場所に出る。そこを過ぎてすぐにコグルミ谷登山道の入口があるが、駐車スペースを探して少し上に行く。堰堤の脇にほどよい場所を見つけ、ここに車をとめ、身支度をして7時40分すぎに歩き出す。5分ほど歩くと登山口につき、谷筋を登っていく。 谷は水が涸れており、石灰岩の露岩が目立つ。新緑の気持ちの良い道で、足下にはニリンソウの白いかRisu わいい花が咲いている。1時間弱でカタクリ峠に到着。少し時期が早いようで葉っぱはいっぱいあるが、花は少ししか咲いていない。5月の中旬が良さそうだ。
 気持ち良い稜線を歩いていると、少し先にリスが日向ぼっこしているのが見える。写真に収め先に進む。コバイケイソウの群落を通り、ぬかるんだ斜面を登り、9時半に鈴鹿山脈最高峰の御池岳山頂につく。Oikedake_sancho 春霞もあって展望は今一だが、風が心地良い。記念写真をとって、鈴北岳に向かう。コバイケイソウの群落の中を下って行くと、日本庭園といわれる草原に出る。真ノ池を左に見て、 カルスト地形独特の石灰岩がころがる草原を歩き、10時すぎに鈴北岳につく。展Nihonteien望抜群で、霊仙山が春霞にかすんで見える。
 ここで縦走路からはずれて、鈴ヶ岳を往復することにし、西の尾根を下り気味に行く。踏み跡を辿っているうちに、急な下りとなり沢に出た。どうやらルートをSuzukitadake_sancho はずしてしまったらしい。向かいの尾根に登って位置を確認すると、南にルートをはずしていることが分かり、そこから北に向かって登り返し、さっき通った場所に出る。今度は赤布を見ながら慎重に進Suzugatake_sancho むと、明瞭な踏み後ではない方に、色がはげた赤テープが見え、かすかな踏みがある。どうやらルートはこっちのようで、ほどなくヒルコバに出る。ここからヒトリシズカの咲く   急登を一登りで、鈴ヶ岳山頂につく。
 30分ほどのロスがあったので、写真をとったらすぐにKurakaketouge 下山開始。鈴北岳に登り返して、鞍掛峠に向かう。グングン下って30分ほどで峠につき、そこから10分ほどで鞍掛トンネル前の駐車場に出る。あとは、車道を10分ほど下り、車に戻る。帰りは、関ヶ原から名神、中央道と乗り継ぎ、14時すぎに瑞浪につく。
NirinsouFukuzyusouHitorisizukaOikedake_no_katakuri 山行の様子は、左の「無雪期登山 コグルミ谷~御池岳~鈴北岳~鈴ヶ岳~鞍掛峠」か、上の「コグルミ谷~御池岳~鈴北岳~鈴ヶ岳~鞍掛峠」で見てください。 

|

« 蓼科山雪上訓練 2009.4.19 | トップページ | 2009春山合宿 飛越トンネル~北ノ俣岳~薬師岳 2009.5.2~4  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/44832958

この記事へのトラックバック一覧です: コグルミ谷~御池岳~鈴北岳~鈴ヶ岳~鞍掛峠 2009.4.29:

« 蓼科山雪上訓練 2009.4.19 | トップページ | 2009春山合宿 飛越トンネル~北ノ俣岳~薬師岳 2009.5.2~4  »