« 御岳 2009.9.13 | トップページ | 南山ゲレンデ岩トレ 2009.10.3 »

裏銀座~高天原温泉~読売新道縦走 2009.9.19~22

山行の様子・写真→裏銀座~高天原温泉~読売新道縦走
地図
 シルバーウィークの山行は、秘湯、渡し船、ロングコースと三拍子そろった山行を計画。Tさんと二人で烏帽子から黒部ダムまで、晴天の秋空の下、雲上漫歩を楽しんだ。

=1日目=
3:00瑞浪~6:15七倉7:07~7:16高瀬ダム7:18~10:50烏帽子小屋10:35~12:28烏帽子岳12:55~13:37烏帽子小屋(泊)
Bunadate_one_wo_noboru  3時に瑞浪を出発。連休初日の中央道は深夜からすごい量の車だ。駒ヶ岳SAは満車状態、混雑する梓川SAで朝食をすませ、6時過ぎに七倉につく。すでに駐車場は満車で、道路 脇のスペースに車をとめ、タクシー乗り場の列に並ぶ。6時半にゲートが開くが、一巡目には 乗れず、三巡目のタクシーに乗って高瀬ダムに向かう。10分ほどでダムにつき、さっそく不動沢トンネルを通り、吊り橋を渡る。河原をしばらく歩くEbosi_goyaと、ブナ立尾根の取り付き点だ。
 九十九折りの道をグングン登っていく。急登だが、高度がどんどん上がっていく。3時間半ほどで烏帽子小屋につき、テントを張り、烏帽子岳に向かう。ニセ烏帽子から見る烏帽子岳のオベリスクは、天を突くように聳え ている。

Ebosidake山頂直下の岩壁を登ると、絶景の烏帽子岳山頂につく。青空の下、赤牛岳、薬師岳、剱岳、立山など、北アルプスの山々が指呼の間に見える。30分景色を堪能し、来た道を烏帽子小屋まで戻る。あとは、ビールで乾杯し、うだうだ午後の時を過ごす。

=2日目=
5:55烏帽子小屋~8:02野口五郎岳8:25~9:38東沢乗越9:52~10:27水晶小屋10:40~11:15岩苔乗越11:20~13:18高天原山荘13:35~13:44高天原温泉15:40~15:57高天原山荘(泊)
Uraginza_kara_yarigatake 4時に起床。天気は上々だが、かなり風が強い。歩き出すとすぐ、北東方向の雲の間から朝日が昇る。南に槍ヶ岳を見ながら稜線を進む。強風である以外は、景色も申し分な い雲上漫歩の道だ。野口五郎小屋をすぎるとほどなく野口五郎岳山頂につく。出発して2時間だ。それにしても風が強い。写真を撮ったあと、稜線の東側で風を避けながら休む。
 山頂から1時間ほどで東沢乗越につき、腹ごしらえをして、水晶小屋への登りにかかる。東側にガレた道を30分頑張ると水晶小屋につく。三俣方面からの人との合流点ということもあり、かなりの人で賑わって いる。多くの人がここに荷物をデポして水晶岳を往復するようだ。写真をとったあと、岩苔乗越まで下り、ここから岩苔小谷を高天原めざして下って行く。途中、水晶池に寄ってみると、干上がって地割れができていた。
 2時間ほどで高天原山荘につき、宿泊手続きをして温泉にむかう。15分ほど下ると温泉沢で念願の高天原温泉に入る。メインの湯船は、1分間浸かっているのがやっとというほTakamagahara_onsen どの高温だ。沢の対岸の湯船は低温で、結局ここでビールを飲みながら1時間半以上長湯をする。手足の指がふやけたので、温泉を切り上げ小屋に戻ると、部屋は歩けないほどに人が詰まっていた。交渉した結果、夕食後にテラスにテントを張ってもいいということになり、安眠が確保された。ちなみに、この日の宿泊者は定員の3倍以上で、最後の人は玄関の上がりかまちで寝たようだ。

=3日目=
5:20高天原山荘~6:33尾根取り付き点6:45~8:28温泉沢ノ頭8:45~10:29赤牛岳11:05~15:53奥黒部ヒュッテ(泊)
 寒さで目が覚め外に出るとテラスには霜が降りている。今日も長丁場の一日が始まる。明るくなった5時半前に出発。高天原温泉から温泉沢を遡る。所々の目印を拾いながら Akausidake_heno_mitiつめていくと、尾根への取り付き点につく。ここで一息入れ、尾根に取り付く。いきなりの急登で息が上がるが、その分グングン高度を稼ぎ、河原がどんどん小さく見えるようになる。谷の向こうに薬師岳が大きく見え出すと樹林帯をぬけてザラザラの岩稜となる。取り付きから2時間弱で、温泉沢ノ頭につくと、再び槍ヶ岳が見えるようになる。北にはめざす赤牛岳が大きく聳え、読売新道の縦走となる。
 遠目にはフラット稜線だが、いくつかのアップダウンがあり、いくつかのピークを越えるとようやく赤牛岳の山頂だ。
Kumonodaira_to_kurobegoroudake  ここまでくると白馬岳も大きく望め、すぐ北には黒部ダムが碧く水を湛えているのが見える。また、東には昨日たどった裏銀座の稜線が東沢をはさんで連なっている。もちろん、水晶岳、薬師岳はすぐそばに大きく聳え、ずっと向こうに笠ヶ岳が見える。
 山頂で至福の時を過ごしたあと、長い下りにかかる。樹林帯に入るころには、かなり足にきて、滑りやすい石や木の根に何度か足を取られる。沢の音が近づいてくるも、なかなかたどり着かず、4時間近くかかって奥黒部ヒュッテにたどり着く。ビールで乾杯すると疲れからすぐに酔いがまわり、テントで爆睡となる。

=4日目=
6:10奥黒部ヒュッテ~8:00平の渡し10:15~13:10ロッジくろよん13:20~13:39黒部ダム14:05~14:18扇沢14:22~14:48七倉14:52~20:05瑞浪
Kurobegawa_ugan_no_sandou いよいよ最終日。平の渡までコースタイムで3時間、渡し船の時刻が10時20分なのでゆっくり起き、余裕を見て6時すぎに出発する。最初はフラットな河原あるきだが、そのうち 桟道歩きとなり、ハシゴの上下も頻繁になる。さすが黒部だと実感する。そのうちまたフラットな道になり、突然渡し場の看板が出現。予定より1時間以上早くついてしまう。先客は2名、とりあえずその後に並び船を待つ。今日は前日までと打っKurobegawa て変わった曇り空で、とまっているとかなり寒い。時折小雨もぱらつき雨具を着てじっと待つ。そのうち後続の登山者がどんどん並び、最終的には40人以上が列を作って船を待つことになる。
 長い待ち時間の後、対岸から渡し船が現れる。定員は12名と書いてあったが、20人以上が乗り、一巡目が出発。まだ船着き場には半分以上の人が残っている。数分で対岸に渡り、長い階段を登ると再び登山Dairanowatasi_no_wataribune 道が続く。何回かハシゴを上下し、2時間ほど歩くとようやくダムの先端が見えて来る。そこからさらに1時間ほど歩くとロッジくろよんにつく。ここからは舗装された遊歩道となり、観光客とすれ違うようになり、13時半すぎに観光客であふれる黒部ダムにつく。
 一目散にトロリーバス乗り場に急ぎ、切符を買ってならぶが、長蛇の列で大変だ。どうにかバスに乗り込みあっという間に扇沢につく。すぐにタクシーにのり、七倉までいき、車を回収し温泉に向かう。いつもの薬師の湯で汗を流し、さっぱりしたあと一瑞浪へ向かう。渋滞を避けるため、飯田ICで下り、清内路を越えて19号を走り、20時過ぎに無事瑞浪に着く。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 裏銀座~高天原温泉~読売新道縦走」か、上の「裏銀座~高天原温泉~読売新道縦走」で見てください。

|

« 御岳 2009.9.13 | トップページ | 南山ゲレンデ岩トレ 2009.10.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/46288463

この記事へのトラックバック一覧です: 裏銀座~高天原温泉~読売新道縦走 2009.9.19~22:

« 御岳 2009.9.13 | トップページ | 南山ゲレンデ岩トレ 2009.10.3 »