« 高峰山 2009.11.15 | トップページ | 萩原御前山 2009.12.6 »

初冬の戸倉山 2009.11.23

=コースタイム=
5:00瑞浪~7:00戸倉山キャンプ場7:06~7:54五合目~8:20金明水~8:34戸倉山西峰8:52~8:55戸倉山東峰9:19~9:30金明水~9:41五合目~10:03戸倉山キャンプ場10:08~12:10瑞浪
山行の様子・スライドショー→初冬の戸倉山
地図
 未明までの雨も上がり、冬晴れの絶好の展望日和となる。白く雪をかぶったアルプスを撮りに伊那富士と呼ばれる戸倉山に向かう。

 朝5時に瑞浪を出発。この季節はまだ真っ暗だ。瑞浪ICから中央道にのり、途中、駒ヶ岳SAで朝食をすませ、駒ヶ根ICで高速をおりる。カーナビに導かれて天竜川を渡り、戸倉山キTokurayama_tozanguti ャンプ場に上っていく。
 7時ちょうどにキャンプ場の駐車場につくと、先客が2人いた。挨拶をして先に出発。キャンプ場をぬけて登山道に入る。道は良く整備されており、カラマツの落ち葉を踏みながらグングン上る。30分ほどで、馬止の松Tokurayamaseihou_kara_chuoualps につき、ふり返ると樹間から白く輝く中央アルプスが見える。落ち葉でフカフカの道をどんどん登り、8時前に五合目を過ぎる。そこから尾根を30分ほどで東屋のある金明水につく。切り開きから中央アルプスがよく見える。さらに幾分急になった尾根を15分ほど上ると、石仏のある戸倉山西峰山頂につく。
Tokurayamaseihou_sancho  冬晴れの下、絶好の展望で、真西に木曽駒ヶ岳から越百山までの中央アルプスが白い屏風のように連なっている。その北には、経ヶ岳が聳え、奥に乗鞍岳が真っ白Tokurayamaseihou_kara_yarihotakarenく輝いている。さらに、槍・穂高連峰、常念岳までよく見える。しばらく絶景を堪能し、3分ほど向こうの東峰に向かう。鞍部 には避難小屋もあり、泊まりできても良さそうだ。東峰からは、北に後立山連峰、白馬三山、蓼科山、北横岳、東に鋸岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈岳、北岳、間ノ岳が間近に見える。写真を撮って景色をみながらゆくり腹ごしらえをする。
Tokurayamatouhou_kara_nokogiridakekTokurayamatouhou_kara_senjogatakeki   山頂で至福の一時を過ごし、下山にかかる。登山口までの間に十人ほどとすれ違い、45分ほどで駐車場に戻る。その後、往路を駒ヶ根まで出て、こまくさの湯で汗をながし、昼すぎに瑞浪に着く。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 初冬の戸倉山」か、上の「初冬の戸倉山」で見て下さい。

|

« 高峰山 2009.11.15 | トップページ | 萩原御前山 2009.12.6 »

コメント

またまた、ヒット山行おめでとう!
カメラがいいのか、天気がいいのか、季節がいいのか、
はたまた、腕がいいのか・・・よく映っていますね。
何よりいいのが、アプローチ、登り時間ともに短いところですね。是非行って見たいと思います。

投稿: hana | 2009年11月24日 (火) 20時09分

近く、早く登れ、景色がいい!という掘り出し物の山でした。アルプスが冠雪したあとのこの時期が最適な山ですね。ちなみにカメラはPENTAXーK7です。

投稿: kengo | 2009年11月25日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/46837790

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の戸倉山 2009.11.23:

« 高峰山 2009.11.15 | トップページ | 萩原御前山 2009.12.6 »