« 初冬の戸倉山 2009.11.23 | トップページ | 霧訪山 2009.12.14 »

萩原御前山 2009.12.6

=コースタイム=
4:55瑞浪~7:06登山口7:16~7:58六合目8:05~8:35屏風岩~9:30萩原御前山9:53~10:31屏風岩~10:59六合目~11:27登山口11:35~14:20瑞浪
山行の様子・スライドショー→萩原御前山
地図
 Kさんと二人で、山頂からのぞむ雪の御岳を期待して、萩原御前山に出かける。
 まだ暗い5時前に瑞浪を出発。霧が立ちこめるR41を北上する。国道から飛騨萩原駅に入る道で多少迷うが、駅まで行くと踏切の向こうに大きな看板がある。

 看板のある道を表示通り進むと、分岐には「御前山→」があり、その指示通り進んでいく。やがて道は広域基幹林道下呂・萩原線に出る。全面舗装のしっかりした林道をどんどん進4gohmesekibutu むと水洞平駐車場が見える。ここからオフロードの林道を1kmほど行くと最終駐車場だ。
 7時過ぎだが、車は一台もとまっていない。身支度を整え出発。桜谷にSakuratani かかる橋を渡り、石仏に挨拶し、ヒノキ林の中の登山道をのんびり登って行く。ツルツルの橋を三回渡ると5合目の石仏につく。さらに橋を渡ると鳥 居があり、くぐってさらに登ると6合目だ。ここで一息入Byoubuiwaれ、沢から少し離れ、つづら折りを 登ると7合目、沢に近づき、屏風岩をすぎ、さらに登ると源頭近くの8合目につく。
 ツルツル滑る石に気をつけながら、笹の間をどんどん8gohmesekibutu進むと、9合目の石仏が見える。笹の上には昨日 降ったと思われる雪が残っている。さらに登ると、登山道にも雪がでてきた。登山道が右にトラバース気味に曲がると山頂はもうすぐだ。
Hagiwaragozenyama_sancho 山頂直下の岩陰に石仏を見、9時半に萩原御前山山頂に着く。残念ながら御岳の頭は雲にかくれ、裾野がわずかに見えている。時折日も射すが、北風に乗って小雪が舞っている。記念写真を撮り、腹ごしらえをして下山にかかる。
 石や木がツルツルなので、転ばないよう慎重に下り、11時半前に登山口につく。来た道を戻り、下呂温泉で冷えた体を温め、14時すぎに瑞浪に着く。山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 萩原御前山」か、上の「萩原御前山」で見てください。

|

« 初冬の戸倉山 2009.11.23 | トップページ | 霧訪山 2009.12.14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/46950436

この記事へのトラックバック一覧です: 萩原御前山 2009.12.6:

« 初冬の戸倉山 2009.11.23 | トップページ | 霧訪山 2009.12.14 »