« 冬の高ボッチ山 2010.2.13 | トップページ | 和田峠~三峰山 2010.3.14 »

冬の鉢伏山 2010.2.21

山行の様子・スライドショー→冬の鉢伏山
地図
=コースタイム=
4:35瑞浪~6:50牛伏寺登山口7:10~8:50ブナノキ権現~10:45鉢伏山12:00~13:03ブナノキ権現分岐13:10~13:45送電線道分岐13:55~14:15内田少年の森14:20~14:25牛伏寺登山口14:35~17:20瑞浪
 先週の高ボッチ山に引き続き、諏訪湖とアルプスが見える山に出かける。今回は、Tさん、Nさんと三人で冬晴れを期待して、満点の星空の下瑞浪を出発。駒ヶ岳SAで朝食をとり、朝の南アルプスを見ながら北上する。岡谷のJCT付近からは富士山もよく見え、期待が高まる。しかし、塩嶺トンネルをぬけると、薄い雲が一面に広がっていた。

 カーナビに導かれ、7時前に牛伏寺登山口に到着。登山口前の広場に駐車し、身支度をして歩き出す。いきなりのロープが張ってある急登を登るとしばらく緩い登りが続く。所々にイノシシが地面を掘り返した跡が見られ、里山の雰囲気を感じさせる。積雪も10cm程度でそれほどなく、どんどん足が進む。しばらく登りふり返ると、南の方に諏訪湖が見え、松本の街には陽が射している。
Bunanokigongen 送電線の下を過ぎ、九十九折りの道を登り、1300m付近を過ぎると、細い尾根の50mほどの急登がある。凍った地面に足を取られないように気をつけて登る。登り切ると再び緩やかな登りとなり、やがて大きなブナがあるブナノキ権現につく。そこからしばらくいくと高ボッチ山からの林道との合流点だ。
 太陽も少しずつ顔を出し、西の方には青空も見えてきた。持って来たHatibuseyama_no_nihonzikaスノーシューを装着し、林道を歩き出す。道にはタイヤの跡があり、どうやら4駆の車が上ってきているようだ。しばらくするとエンジン音が聞こえ、ランクルが上っていく。結局10台近い4駆が林道を上がっていった。登るにしたがって青空が広がり、樹氷が太陽に照らされてキラキラHatibuseyama_sancho輝く。ガスが流れ、谷をへだてて東側に、鉢を伏せたような山体が見えてきた。よく見るとニホンジカの群れが山肌を登っている。
 分岐から1時間ほどで小屋のあHatibuseyama_kara_norikuradakeる鞍部付近につく。4駆の車は、林道の深雪にはまって立ち往生している。僕たちは林道から離れ、前鉢伏山に続く稜線を登り、鞍部に下りる。ここから道標にしたがい雪面を登ると、1929mの鉢伏山山頂だ。西を見ると鉢伏神社の鳥居の向こうに御岳が大きく見え、北に乗鞍岳、槍穂高連峰、常念岳と北アルプスが連なっているのが見える。

Hatibuseyama_kara_suwakominamialps 頂上雪原の樹氷をバックに写真をとり、少し南の展望台に向かう.展望台からは正面に諏訪湖をのぞみ、その奥に南アルプス、左に富士山まで見える。扉温泉からの登って見えたパーティーと挨拶を交わし、絶景を楽しみながらラーメンを食べる。やがて牛伏寺からの別ルートからFujisan_to_nihonzika登ってきた松本山岳会のパーティーと一緒になり、別ルートを案内してもらい、一緒に下山することとなる。
 地元の人しか知らない若山牧水の歌碑を案内してもらい、林道のショートカットを通りHatibuseyama_kara_yarigatakejyonend、1時間ほどでブナノキ権現分岐につく。ここから送電線下まで往路を下り、38番の番号の所から送電線巡視路に入る。いったん沢に下り向かいの尾根に上がり尾根Gakenoyu通しに下って行く。やがて内田少年の森の広場に出て、ここから車に乗せてもらい、朝の登山口に戻る。荷物を車に積み込み、崖の湯で北アルプスを見ながら体を温め、往路を戻り、17時半前に瑞浪に着く。
 山行の様子は左の「積雪期登山・アイスクライミング 冬の鉢伏山」で見てください。

|

« 冬の高ボッチ山 2010.2.13 | トップページ | 和田峠~三峰山 2010.3.14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/47632425

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の鉢伏山 2010.2.21:

« 冬の高ボッチ山 2010.2.13 | トップページ | 和田峠~三峰山 2010.3.14 »