« 和田峠~三峰山 2010.3.14 | トップページ | 車山スキー 2010.3.27 »

四阿山山スキー 2010.3.20

山行の様子・スライドショー→四阿山山スキー
地図
=コースタイム=
4:30瑞浪~8:00あずまや高原ホテルP8:25~12:20四阿山13:00~15:11あずまや高原ホテルP15:20~瑞浪18:56
 今シーズン1回目の山スキーに四阿山に出かける。本当は一泊で乗鞍岳に出かける予定でだったが、日曜日は春の嵐になるとの予報で、目的地変更を余儀なくされる。
Azumayayama_tozanguti 瑞浪をNさん、Yさんとともに4時半に出発。順調に高速を飛ばし、関越道の上田菅平ICで下り、あずまや高原をめざす。真田をすぎると四阿山が見えてくるが、下から見ると雪があまりなさそうだ。8時に駐車場につき身支度をして出発。ホテル横の登山道に入ると雪があり一安心。ここからスキーをはいて登っていく。

Sugadairabokujo_kara_azumayayama 牧場入り口のゲートを過ぎるとダケカンバの樹林の雪上歩行となる。やがて樹林を抜け、広々とした牧場に出る。一面の雪の斜面を期待していたのだが、暖かい日が続いたせいか、雪はかなり溶け、まだら模様の草原といった感じになっていた。雪が残っている斜面をグングン登り、突き当たりを右折し、さらに登る。雪が腐り気味で足が重い。樹林を抜けるとAzumayayama_santyoupiku南斜面なので雪が切れている場所が多くなる。雪のあるところを広いながら登る。
 山頂雪田直下は岩がむき出しのところが多く、苦労するが、北側に回り込んで何とか雪田にたどり着く。雪田を横切り、再び樹林に入り、そこを抜けると山頂ピークが見えてくる。雪稜を渡り、最後の雪の斜面を登ると、山頂の祠の前に出る。   期待していた北アルプスの展望は、春霞のためダメだったが、浅間山、根子岳、草津白根山がよく見えた。祠の裏はナイフリッジになっており、滑落しないよう気をつけながら写真を撮る。12時をまわり腹ぺこだったのでゆっくり昼食をとり13時に下山開始。
Azumayayama_kara_nekodake 山頂雪田では快適にシュプールを描けたが、その下のブッシュ&樹林で悪戦苦闘。脹ら脛と太ももが攣りなかなか大変だった。それでも、最後の牧場の斜面は快適にすべることができ、無事に駐車場に到着。スキー靴を脱ぐだけで幸せな気分になる。あとは、真田温泉で体を温め、渋滞もなく19時前に瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 四阿山山スキー」で見てください。

|

« 和田峠~三峰山 2010.3.14 | トップページ | 車山スキー 2010.3.27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/47862669

この記事へのトラックバック一覧です: 四阿山山スキー 2010.3.20:

« 和田峠~三峰山 2010.3.14 | トップページ | 車山スキー 2010.3.27 »