« 位山 2010.3.30 | トップページ | 御岳雪上訓練 2010.4.17 »

蓼科山 2010.4.10

=コースタイム=
6:00瑞浪~8:38女の神茶屋登山口8:53~11:27蓼科山12:10~13:35女の神茶屋登山口13:45~16:20瑞浪
2010410_2山行の様子→蓼科山
地図
←今回のトレース



 新学期が始まってから忙しく、睡眠不足の日々が続いていた。ようやくの土曜日。Tさん、Nさん、新人のKさんとともに残雪の蓼科山に出かけた。

 車の多い中央道を北上。逆光に光る八ヶ岳を見ながら諏訪ICで国道に下りる。ビーナスラインに入り、ピラタスロープウェーを過ぎ、竜源橋を渡ると女の神茶屋登山口の駐車場につく。
Kootta_tozandou_wo_yuku 先客が数台あり、その横に車を止め出発準備。下から見た限りでは雪が少なそうで、冬靴が重く感じる。バス停の横から登山道に入り凍った残雪を踏みながら進む。最初の急登を登り切ると多少残雪が増えてくる。フHagareta_biburamuラットな道をしばらくいくと傾斜が増した凍った道となる。滑らないように気をつけながら登り、2120m地点の台地に出る。
 ここからしばらく行ったところで、Tさんのビブラムがつま先から剥離する。テーピングで応Yasigamine_to_kitaalps急処置をし登ることにする。平坦な道がいったん下り、最後の急登が始まる。所々凍結しており、登りにくい。1時間弱の登りで相当体温が上昇する。やがて山頂部の岩塊が見えてくると頂上は近Tozandou_kara_minamialpsい。
 樹林帯を抜け、岩の道をトラバース気味に北に回り込み、雪原を登ると2530mの蓼科山山頂につく。写真を撮ったり、ビーコンの練習をしたりで40分ほど山頂で過ごし、下山にかかTatesinayama_sancho_2010410る。スリップに気をつけながらの下りだが、グングン高度を下げ、13時半すぎに駐車場につく。その後、プール平の公衆浴場で汗を流し、順調に瑞浪に帰る。
 山行の様子は左の「積雪期登山・アイスクライミング 蓼科山」で見てください。

|

« 位山 2010.3.30 | トップページ | 御岳雪上訓練 2010.4.17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/48048503

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科山 2010.4.10:

« 位山 2010.3.30 | トップページ | 御岳雪上訓練 2010.4.17 »