« 蓼科山 2010.4.10 | トップページ | 福地山 2010.4.25 »

御岳雪上訓練 2010.4.17

=コースタイム=
6:10瑞浪~9:10御岳ロープウェイスキー場ゲレンデP9:50~10:10ゲレンデTOP~10:56七合目付近<雪上訓練>13:00~13:35ゲレンデTOP~13:50スキー場P14:10~17:10瑞浪
Ruto山行の様子→御岳雪上訓練
地図
←今回のトレース

 4月も下旬をすぎ、桜も満開の時期を終えたというのに、真冬のような寒さで目が覚める。前日の長野県は雪が降ったようで、すでにノーマルタイヤの車に一抹の不安を感じながら市役所に集合。Tさん、N夫妻、新人のKAさん、KKさんと僕の総勢6名で御岳に向かう。

Yuki_to_sakura 北上するうちに上空の雲がはれ、北方の山々が見えてくる。予想通り雪化粧しており、路面の凍結を心配する。それでも小野の滝あたりまではそれほど積雪はみられず安心する。寝覚の床を過ぎると、人家の屋根の積雪が目立ちはじめ、対向車も雪を積んでいる車が多くなる。元橋を渡ったNorikuradake_to_hotakadakeところで4駆にし、慎重に進む。途中、咲いた桜に雪が積もった写真を撮ったりしながら進み、9時すぎにスキー場の駐車場につく。いつの間にか小雪が舞いだし、春はどこかに行ってしまった状態だ。
 ヤッケを着込み装備を持ち、まずOntake_santyou_fukin_wo_nozomuはロープウェイでゲレンデトップまで上がる。外に出ると青空が出、山頂部がよく見える。冬道を登り、樹林帯を抜けると乗鞍岳、穂高岳が見えてくる。1時間弱登ったところの斜面で雪上訓練をすることにし、ザックを下ろす。
Katuraku_teisi_kunren 最初にビーコン訓練をし、その後、滑落停止、スタンディングビレイ、スタンディング・アックスビレイの訓練をする。時間があれば上までという予定だったが、風が強くなってきたので昼食後下山ということにする。30分ほどでゲレンデまで下り、ロープウェイであっという間に駐車場につく。その後、木曽温泉で体を温め、順調に瑞浪に帰る。
 山行の様子は左の「積雪期登山・アイスクライミング 御岳雪上訓練」で見てください。

|

« 蓼科山 2010.4.10 | トップページ | 福地山 2010.4.25 »

コメント

これがGPSからダウンロードした地図ですか。
素晴らしい機能ですね。
私も欲しいと思いますが、
携帯よりも重そうなので、それが心配ですcoldsweats01

投稿: hana | 2010年4月18日 (日) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/48110678

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳雪上訓練 2010.4.17:

« 蓼科山 2010.4.10 | トップページ | 福地山 2010.4.25 »