« 2010春山合宿 槍ヶ岳 2010.5.1~3 | トップページ | 南山・岩トレ 2010.5.16 »

編笠山 2010.5.8

=コースタイム=
5:00瑞浪~7:34観音平7:50~9:35押手川9:45~12:00編笠山12:45~13:26青年小屋~14:53押手川15:00~16:15観音平16:25~19:45瑞浪
Amigasayama201058山行の様子→編笠山

←今回のトレース

 久しぶりに八ヶ岳の最南端、編笠山に出かける。Kさんと5時に市役所で合流。中央道を北上し、小淵沢ICをおりる。まだ咲いている桜を見ながら、八ヶ岳高原ロードを走り、観音平入口を左折し、観音平まで登って行く。右手には富士山、甲斐駒ヶ岳がよく見える。
 観音平に車を止め、身支度をして歩き出す。天気は上々、暑くなりそうだ。

Kannondaira 歩き出しはややきつい尾根の登りだ。ゆっくしたペースで登って行く。やがて傾斜がやや緩くなると雲海展望台につく。ここで一息入れ、気持ちのいい樹林を押手川に向かう。50分弱で押手川につくと、雪解け水が小川をつくり気持ちのいい休憩場所を提供してくれる。
Ositegawa ここから山頂への急な登りが始まる。登山道はルンゼ状になっているのだが、所々そこが凍っており、登りにくい。念のため持って来た軽アイゼンをKさんの靴につけ、ゆっくりと登って行く。樹林の中は陽があたらないかためか、かなり上部までツルツルの氷で道が埋まっMinamialps_ga_mieruている。悪戦苦闘しながらようやく山頂直下の陽当たりのいい所に出て、軽アイゼンをはずし、最後の一頑張りだ。
 やがて樹林帯が切れ、岩が出てくると山頂は近い。幾分風が強くなっAmigasyama_sanchoてきた中、12時ちょうどに編笠山山頂につく。北側には間近に南八ヶ岳の山々が大きく迫り、遠く蓼科山まで見える。南は春霞で富士山は見えなかったが、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳が見えていた。山頂でゆっくり休憩し、記念写真をとり、下山にかかる。
Amigasayama_sancho_kara_minamiyatug 下山路は凍った急坂を避け、青年小屋の方に下り、トラバース道で押手川に出ることにする。北側の斜面には残雪が数十cmあり、少し踏み跡をはずすとズッポリはまる。雪のトラップにはまりながら青年小屋まで下り、雪道のトラバース道をゆっくり下り、15時前に押手川につく。ここからは快調に下り、16時15分に観音平につく。荷物を車に積み込み、温泉で体を温め、19時45分に瑞浪につく。
 山行の様子は左の「無雪期登山 編笠山」で見て下さい。

|

« 2010春山合宿 槍ヶ岳 2010.5.1~3 | トップページ | 南山・岩トレ 2010.5.16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/48311663

この記事へのトラックバック一覧です: 編笠山 2010.5.8:

« 2010春山合宿 槍ヶ岳 2010.5.1~3 | トップページ | 南山・岩トレ 2010.5.16 »