« 夜叉ヶ池、三周ヶ岳 2010.6.12 | トップページ | 中央アルプス・三ノ沢遡行 2010.7.24~25 »

仙丈ヶ岳 2010.7.18~19

=コースタイム=
3:00瑞浪~5:24仙流荘6:40~7:26北沢峠8:15~8:52二合目~10:01大滝ノ頭10:15~11:42小仙丈岳11:56~13:24仙丈ヶ岳13:50~14:59馬の背ヒュッテ~15:50大滝ノ頭~17:29北沢峠テント場0
山行の様子→仙丈ヶ岳
←今回のトレース

 海の日の連休を利用して、仙丈ヶ岳に出かける。
 3時に市役所集合。まだ暗く、空一面の星空が、梅雨明け直後の晴天を約束してくれる。Kさんの初めての3000m峰挑戦に幸先の良いスタートとなる。
 瑞浪ICから高高速に入り、順調に北上。駒ヶ岳SAで朝食をすませ、伊那ICでおり、旧長谷村に向かう。

Senryuusou_mae_tyouda_noretu  仙流荘につくと、バス停には長蛇の列ができ、広い駐車場は満車状態。梅雨明けと三連休の威力に恐れ入る。6時5分のバスに乗るはずが、結局30分遅れの出発となり、7時半前に北沢峠につく。下車後、駒仙小屋のテント場まで下り、テントを設営してから仙丈岳に向かう。
Sinringenkai_kara_yarihotaka_renpo まずは樹林の中をトラバース気味に2合目まで登り、次第に傾斜を増しながら、3合目、4合目と登っていく。2時間弱で大滝ノ頭まで順調に登り、さらに森林限界をめざす。ふり返ると鋸岳、甲斐駒ヶ岳が大きく迫ってくNokogiridakekaikomagatakeる。ここから急登を頑張り、ライチョウの砂浴びを見、さらに登って12時前に御小仙丈岳につく。富士山や北岳、間ノ岳がよく見える。このころからガスが上がりだし、次第に視界が利かなくなる。
Takanesiogama 最後の急登を頑張ると高山植物が咲く山頂への最後のトラバース道に出る。花を愛でながらゆっくり進み、13時半前に仙丈ヶ岳山頂につく。残念ながらガスで視界はあまり利かなかったが、3000mの涼風に吹かれ、汗が吹き飛ぶ。ゆっくり休んで写真を撮り、藪沢方面に下山する。
Senmjogatakesancho_2010718 下るにしたがって、足が上がらなくなり、ゆっくりと確実に下る。15時に馬の背ヒュッテを過ぎ、16時前に大滝ノ頭まで戻る。あとは重力にまかせてどんどん下り、17時半前にテント場についた。この後、冷たく冷やしたビールで、乾杯!パスタを茹で、赤ワインで豪勢な夕食を満喫する。
 翌朝はゆっくりして、仙水小屋まで散歩し、10時のバスで仙流荘に下る。温泉で汗を流し、権兵衛トンネルで木曽にぬけ、そばを食べて瑞浪に戻る。
 この山行の様子は、左の「無雪期登山 仙丈ヶ岳」で見て下さい。

|

« 夜叉ヶ池、三周ヶ岳 2010.6.12 | トップページ | 中央アルプス・三ノ沢遡行 2010.7.24~25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/48937974

この記事へのトラックバック一覧です: 仙丈ヶ岳 2010.7.18~19:

« 夜叉ヶ池、三周ヶ岳 2010.6.12 | トップページ | 中央アルプス・三ノ沢遡行 2010.7.24~25 »