« 六甲山 2010.10.10  | トップページ | 小秀山 2010.11.3 »

母袋烏帽子岳 2010.10.17

=コースタイム=
6:15瑞浪~7:40母袋スキー場P8:40~10:40母袋烏帽子岳12:30~13:48母袋スキー場P14:50~16:15瑞浪Motaiebosidake
山行の様子→母袋烏帽子岳
←今回のトレース

 県連の山まつりが奥美濃の母袋烏帽子山で行われた。瑞浪からは、僕とN夫妻の3人が参加した。
 6時15分に市役所に集合。Nさんのレガシーで一路母袋スキー場に向かう。瑞浪ICから中央道に入り、東海環状道を経Motaiskyjo由して東海北陸道に入る。大和ICで国道に下り、母袋スキー場の看板に導かれ、7時半すぎに駐車場につく。もうかなりの人が来ている。結局総勢70名の大部隊となり、7つのパーティーに分かれ、8時40分に歩き出す。

Akebi 最初はキャンプ場横の舗装道路登っていく。途中、アケビがなっているのを見つけたりしてどんどん行くと、やがて舗装が切れると登山口につく。左折して登山道に入るが、最初は広い林道のような道が緩やかに登って行く。やがて杉の植林地帯に入り、少し傾斜が増す。急登を一度登り終Otasukemizuえ、なだらかな道を行くとお助け水がある。ここからまた一登りしてどんどん登ると林道に出る。ここまで一時間、ちょうど中間点だ。
 一休みしてさらに登ると、植林帯から自然林の灌木帯に変わってくる。ブナの間の登山道を登っていくと、やMotaiebosidake_sanchoがて稜線に出る。谷を左に見ていくつかアップダウンをくり返すと、左の樹間から白山が見えてきた。簡易トイレの横をすぎて一登りすると、広い山頂につく。歩き始めてちょうど2時間。天気も良く眺めもいい。残念ながMotaiebosidake_kara_bessanhakusanら白山は木が邪魔で山頂部しか見えないが、東を見ると御岳が大きく見える。それに続くように、小秀山の山並み、南には恵那山までよく見える。西に目を向けると、野伏ヶ岳、薙刀山がよく見え、その後方に、独特の形Motaiebosidake_kara_ontakeをした荒島岳が姿を見せている。
 みのハイクラブが用意してくれたトン汁を食べ、記念写真を撮り、クイズ大会で盛り上がった後、下山にかかる。下りははやく、1時間15分ほどで駐車場につく。解散後、母袋温泉で汗を流し、高速をとばして16時すぎにMotaiskyjo_kara_motaiebosidake瑞浪ついた。
 この山行の様子は左の「無雪期登山 母袋烏帽子岳」で見てください。

|

« 六甲山 2010.10.10  | トップページ | 小秀山 2010.11.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/49816886

この記事へのトラックバック一覧です: 母袋烏帽子岳 2010.10.17:

« 六甲山 2010.10.10  | トップページ | 小秀山 2010.11.3 »