« 硫黄岳 2010.11.13~14 | トップページ | 八子ヶ峰 2010.12.26 »

北夕森山 2010.11.23

=コースタイム=
7:00瑞浪~8:25登山口8:38~11:20北夕森山12:32~14:30登山Yuhmoriyama口14:45~18:40瑞浪
←今回のトレース

 1年半ぶりに付知の夕森山(北夕森山)に出かける。冬晴れの下、新雪の御岳を見ることを期待して、7時に瑞浪を出発。予想通りの青空で、国道からは白い御岳の一部が朝日に光って見えた。付知峡の不動滝駐車場手前400mから左折して林道に入ると、程なく夕森山登山口にSanroku_kara_yuhmoriyama到着。車を降りると朝のひんやりした空気が心地良い。
 登山靴を履き、ザックを背負ってAちゃん先頭に出発。すぐに急登があり、体が温まる。すぐに道は緩やかになり出ヶ谷の沢音を聞きながら落ち葉を踏みしめ奥に進む。昨夜の雨で苔むした石が滑りやすい。

 最終水場までは緩い登りが続き、ここから左に巻くように進むと九十九折りの登りが始まる。いくつか角を曲がりながらだんだんと高度を増していくと、木々の間に笹が交じってくる。Sancho_tyokka_kara_takatokiyamaやがて周りが笹原になると程なく稜線に出ると、高時山が間近に見える。期待してた御岳が見えるポイントから北の方を覗くと、期待に反して御岳を隠すように雲が広がっている。上空は青空なのに残念だ。
 ここから鞍部にいったん下り、最後の登りにかかる。ここまで自分たちの他に誰とも出会っておらず、二人で歌を歌いながら登っていく。11時20分Yuhmoriyama_sanchoに山頂に着き、二人の貸し切り状態でお湯を沸かしてラーメンをつくって食べる。相変わらず御岳は顔を出さないが、西の方はよく見え、土岐の三国山から名古屋の高層ビルまでよく見えた。
 山頂で1時間以上のんびり過ごし、Knnondaki12時半に下山開始。2時間で登山口につく。最初から最後まで誰にも会わず静かな夕森山を楽しむことができた。帰りに、近くの不動滝を見に行くと、駐車場には観光バスが何台Fudodakiかとまっており、多くの観光客で賑わっていた。東濃に住んでいながら初めて付知峡の滝を見る。観音滝、不動滝はなかなか迫力があった。温泉で体を温めた後、恵那の「みむら」という生パスタの店で美味しいクリームソースパスタを堪能し、18時半すぎに家についた。

|

« 硫黄岳 2010.11.13~14 | トップページ | 八子ヶ峰 2010.12.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/50139592

この記事へのトラックバック一覧です: 北夕森山 2010.11.23:

« 硫黄岳 2010.11.13~14 | トップページ | 八子ヶ峰 2010.12.26 »