« アンナプルナ・マナスルトレッキング 2010.12.27~2011.1.5 | トップページ | 岩古谷山~鞍掛山縦走 2011.1.15 »

伊吹山山スキー 2011.1.8


=コースタイム=
6:00瑞浪~8:10登山口8:51~9:30一合目9:40~11:00五合目11:05~12:00一合目12:10~12:33登山口12:45~15:13瑞浪

 連休は一泊で西穂高岳にいく予定だっが、北の方は天気が荒れ模様。晴れの区域で雪山が楽しめる所ということで、Kくん、Yさんと三人で伊吹山に出かける。

 早朝6時にK君を市役所で広い、多治見の西友でYさんと合流。多治見ICから高速道で関ヶ原ICへ向かう。一宮辺りでは朝焼けで天気もよかったが、養老SAで朝食をとり外に出るとIbukiyama_tozangutiパラパラ雪が舞っている。西の方は雪雲が山にかかりかなり怪しい天気になってきた。
 ICをおり、山に近づくにつれて雪の量が増え、鈴鹿に転進しようか相談するが、結局初志貫徹。8時すぎに登山口前の駐車場につく。駐車代500円を払い神社の横の登山道を登り始める。
Gekai_wo_nozomu Yさんと僕はスキーを担ぎ、K君は冬靴で登っていく。数分も歩くと汗が噴き出し、ゆで卵のように湯気を立てながら登って行く。40分ほどで一合目につくとようやく積雪がありスキーを装着する。今シーズン初の山スキーはまだ足が慣れずなかなか進まない。一合目では下界が見えていたが登るにつれて視界もなくなる。五合目Setugen_wo_yukuまで登ると視界は0。トレースを辿れば登れるが、スキーで滑るのは不安だ。景色もないので、ここで引き返すことにする。
 さっそくシールをはがしレッツゴー!圧雪のしてない斜面を勢いよく滑るがうまくターンができず何度かコケる。雪まるけになりながらゲレンデ跡のボコボコの草地を滑る。最後の斜面が草が雪に埋まっており快適に滑れた。一合目からスキーをはずし、どろどろの登山道を30分下り登山口につく。装備を車に積み、近くの薬草湯で体を温め、道の駅でお腹を満たし、15時すぎに瑞浪についた。

|

« アンナプルナ・マナスルトレッキング 2010.12.27~2011.1.5 | トップページ | 岩古谷山~鞍掛山縦走 2011.1.15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/50527120

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山山スキー 2011.1.8:

« アンナプルナ・マナスルトレッキング 2010.12.27~2011.1.5 | トップページ | 岩古谷山~鞍掛山縦走 2011.1.15 »