« 鳩吹山 2011.4.4 | トップページ | 2011春山合宿 北ノ俣岳 2011.4.29~5.1 »

田立の滝・天然公園 2011.4.24


=コースタイム=
6:05瑞浪~7:20粒栗P7:35~8:23霧ヶ滝8:30~9:30不動岩9:37~10:43天然公園11:07~12:00不動岩12:10~13:13粒栗P13:25~14:35瑞浪
山行の様子→田立の滝・天然公園
地図
 春山合宿に先立ち、運動不足解消と足慣らしのため、このほど登山道修復が終わった田立の滝に出かける。

Yatugase  朝6時に市役所に集合。KさんとKくんと合流し、一路田立の滝に向かう。コンビニで行動食を買い、1時間半弱で粒栗駐車場につく。久しぶりだが、周りの木が伐採され幾分明るい感じになっていた。2台ほど車がとまっていたが、静かな雰囲気の中、身支度をして出発。八ヶ瀬の瀬音を心Atarasii_tozando地よく聞きながら登っていく。シシ岩を過ぎると登山道は左に曲がりながら徐々に登っていく。ガレているところにはコンクリートで補強がしてあり幾分歩きやすくなっている。大きな木には名前と解説が付けられていおり、ハイカーを意識した整備がなされているのを感じる。
 1時間ほどで霧ヶ滝につき、前日の雨で増水して豪快Tengadakiに落ちる滝を見、長い木道の急登に取り付く。張り出すように作ってあった傾いた小屋は撤去されており、跡形もなかった。すぐに天河の滝に着き、写真を撮りながら休憩する。南には恵那山が霞んで見える。滝上の吊り橋を渡り、不動滝の千鳥階段にかかると、木が滑ってなかなかおっかない。転けないように注意深く登り、龍ヶ瀬に出る。ここから沢沿いに進み、Suboritonneru不動岩との分岐の吊り橋まで木道が整備されている。
 以前はさらに沢に沿って登っていたが、その道は通行止めになっていた。吊り橋をわたり、きれいに整備された不動岩への道を登り、9時半に不動岩につく。小休止後、林道歩きとなり、素掘トンネルを通り1時間ほどだらだら歩く。最後に樹林帯を15分ほど登ると天然公Tennenkouen_sancho園山頂につく。
 晴れてはいるが、雲が多く、御岳も中央アルプスも山頂部が隠れていた。日だまりの展望台で腹ごしらえをしながらたっぷり休憩し、11時すぎに下山を開始する。順調に下り、駐車場に13時すぎにつき、1時間ほどで市役所に到着した。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 田立の滝・天然公園」で見て下さい。

|

« 鳩吹山 2011.4.4 | トップページ | 2011春山合宿 北ノ俣岳 2011.4.29~5.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/51501262

この記事へのトラックバック一覧です: 田立の滝・天然公園 2011.4.24:

« 鳩吹山 2011.4.4 | トップページ | 2011春山合宿 北ノ俣岳 2011.4.29~5.1 »