« 草津白根山 2011.7.9~10 | トップページ | 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 »

甲斐駒ヶ岳~鋸岳縦走 2011.7.16~17


=コースタイム(1日目)=
3:00瑞浪~5:20仙流荘6:16~6:58北沢峠7:12~9:00双児山9:11~9:55駒津峰10:08~11:50甲斐駒ヶ岳12:17~13:42六合目石室(泊)
山行の様子→甲斐駒ヶ岳~鋸岳縦走

 海の日の三連休の土日を使い、3人で甲斐駒ヶ岳から鋸岳を縦走する。
早朝3時にYさんに迎えに来てもらい、Kくんを拾って一路戸台に向かう。連休初日ということAsano_senryuusouで高速道路はかなり車が多い。駒ヶ岳SAで朝食をとり、伊那高遠ICで高速をおり、30分ほどで戸台につく。すでにバス停には長蛇の列で、駐車場も車がぎっしりだ。さっそく身支度をし、列に並ぶ。バスの定時にはまだ早いがどんどんバスを稼働している。
 定刻より10分ほど遅れたバスに乗ると、今朝の11便ということで、いつもの解説なしにフルスピードで南アルプス林道を上って行く。一眠りしている間に北沢峠についた。

Futagoyama_kara_nokogiridake ここで、食器類を忘れたことに気づき、割り箸を長兵衛荘でもらい双児山への登山道を登り始める。鋸岳へ向かうらしいき10人ほどのパーティーを抜きつ抜かれつ九十九折りを上り、2時間弱で双児山山頂につく。抜けるような青空で仙丈ヶ岳、北岳、甲斐駒ヶ岳、富士山が大きく見える。そして西に鋸岳のゴツゴツした稜線がはっきり見える。
Kaikomagatake_sancho_2011716 ここからカンカン照りの中、いったん下り、駒津峰に登り六方石まで下って甲斐駒ヶ岳本峰を目指す。直登ルートは長蛇の列で待ち時間が長そうなので、トラバースルートを上る。強い陽差しのため幾分、脱水気味でスローダウン、バテバテで12時前に甲斐駒ヶ岳山頂にたどり着く。
 大休止後、六合目石室に向かって稜線を下る。出だしから急で、慎重に下る。途中、針金のついた一枚岩をトラバースし、稜線の上をグングン下る。高山植物が点々と咲き、時折、戸台川から吹き上げる風が天然のクーラーだ。

 途中、長い鎖場を下降するとほどなく六合目石室につく。まずは中に入り荷物を下ろし、Yさんが担ぎ上げた冷えたビールで乾杯!あとは昼寝タイムでゆっくり過ごす。その後、何パーティーかが到着し、小屋は満タンとなる。明るいうちに夕食を食べ、明日に備える。

=コースタイム(二日目)=
3:00六合目石室4:20~5:10三ツ頭~6:19中ノ川乗越~7:01第二高点7:25~8:10鹿ノ窓~8:45鋸岳9:10~9:23角兵衛沢のコル9:35~12:21戸台川出合12:43~14:53戸台15:20~18:30瑞浪

Asano_tuuoualps 朝3時すぎに起床。もう早いパーティーは出発しているようだ。コーヒーを飲むため、まずお湯を沸かす。僕が外にトイレにいっている間にお湯がこぼれ、洪水が発生。熱湯がYさんの足にかかったようで、火傷が心配だ。Kくんが持っていた冷えピタを貼って患部冷やしながら朝食をとる
 明るくなってきた4時すぎに小屋を出発。ほぼ山梨県側を通り進む。迷うことなく三ツ頭に到着。朝の陽を受けて山々が輝いている。ここから大きく山梨県側に下り、小さなアップダウンを繰り返すと行く手に中ノ川乗越からのガレ場が見えて来る。先Dainikoten行のパーティーがその急なガレ場を登っているのが見える。まずは、中ノ川乗越まで下り、石を落とさないように慎重に登る。
 ガレ場を登り切って一登りすると鉄剣が建つ第二高点につく。快晴の夏空に中部山岳の高峰すべて見える。しばらく絶景を楽しみ、いよいよSikanomado_wo_kuguru核心部へと向かう。まずは大ギャップの底までグングン下り、ガレ場のコルに到達する。岩壁につけてある踏み跡を忠実に辿って、トラバース気味に登って行くと頭上に鹿ノ窓が見える。ガレ場を直登せずにいったん左の草付きに巻き、鎖の垂れている鹿ノ窓下に達する。
Syougappu_no_ganpekiwo_noboru 鎖を掴みながらバランス良く岩を登り、鹿ノ窓をくぐる。後続の2人を待ち、岩稜を進むと今度は小ギャップへの下りだ。太い鎖を持ちながら懸垂下降をしてギャップの底に下りる。ここから垂壁を腕の力を最大限発揮して乗っ越すと鋸岳は目前だ。あとは小ピークを一つ越え、絶景の鋸岳山頂に立つ。北は白馬岳から北アルプスの屏風、西は白山、中央Nokogiridake_sanchoアルプス全山、東は八ヶ岳から秩父の山々、南は甲斐駒ヶ岳が大きく迫り、北岳から塩見岳といったジャイアンツがはっきり見える。
 三人で記念写真をとりゆっくり景色を楽しみ、角兵衛沢のコルに向かう。コルからガレ場をグングン下り、岩小屋の冷たい清水で喉を潤し、下り飽きた頃に戸台川につく。徒渉のため裸足になり川に足をつけると切れそうに冷たく生き返って心地がする。あとは戸台川の灼熱の河原歩きを2時間耐え、戸台にたどり着く。ここでヒッチハイクに成功し、Yさんが仙流荘まで車を取りに行き、予定より早く帰路につく。
 途中、温泉で汗を流し、18時半に瑞浪につく。山行の様子は「無雪期登山 甲斐駒ヶ岳~鋸岳縦走」で見て下さい。

|

« 草津白根山 2011.7.9~10 | トップページ | 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/52239719

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐駒ヶ岳~鋸岳縦走 2011.7.16~17:

« 草津白根山 2011.7.9~10 | トップページ | 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 »