« 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 | トップページ | UBG谷 2011.8.17 »

雌阿寒岳 2011.8.13

=コースタイム=
9:25雌阿寒温泉登山口~10:45五合目~11:55雌阿寒岳12:20~13:15五合目~14:05オンネトー登山口
山行の様子→雌阿寒岳
 二人で北海道へ五泊六日の周遊旅行に出かけた。最終日前日に、僕は雌阿寒岳に、妻は陸別に行って、天文台で星を見るということにし、それぞれ別行動で楽しんだ。連日の飽食と強い陽差しで少々バテながらの登りとなる。

 朝7半すぎに釧路のホテルを出発。若干朝食を食べ過ぎ気味で胃が重い。空は雲一つなく、夏の陽差しが眩しい。市街地を抜け、釧路湿原の縁を通る真っ直ぐな道を北海道スピードで北上する。やがて前方に雌阿寒岳と阿寒富士の姿が見えてくる。山頂付近が荒々しい火Meakanonsen_tozanguti山特有の姿だ。
 コンビニで食料を調達し、雌阿寒温泉登山口で車をおり、2時半に登山口に迎えにきてもらう事にして登山にかかる。
 はじめは鬱蒼とした森の中を登って行く。しだいに汗が噴き出し、傾斜もきつくなってくる。1時間ほど登ると森林限界で、ここから上は砂礫とハイマツの世界になる。北西方向には、残雪の大雪山系がMeakandake_sanchoよく見える。オンネトーも碧く光っている。
 カンカン照りのため、こまめに水分補給をしながら登り、最後のつづらを登ると山頂稜線の九合目につく。ここから火口の縁を進み、12時前に山頂につく。
Akanko_to_oakandake 火口壁の一角の山頂から、火口をはさんで阿寒富士が聳え、北には阿寒湖と雄阿寒岳がよく見える。また、遠く斜里岳や知床連山も望むことができた。
 充分景色を楽しんだ後、オンネトー登山口に向かって下山を開始。最初はよく滑るザレタ道を阿寒富士分岐Akanfuji_to_aonumaまで下り、オンネトーを見ながら高度を下げる。やがて樹林に入り、14時すぎに登山口につく。すでに妻はついており、さっそく荷物を積み込み、オンネトーのビューポイントで写真をとった後、富良野のホテルに向かったOnnetoh_kara_meakandake
 山行の様子は、左の「無雪期登山 雌阿寒岳」で見て下さい。

 それでは、続いて、番外編~北海道周遊記~です。
旅の写真→北海道周遊記
旅の記録→2011夏 北海道旅行記

|

« 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 | トップページ | UBG谷 2011.8.17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/52479916

この記事へのトラックバック一覧です: 雌阿寒岳 2011.8.13:

« 立山 ライチョウ観察会 2011.7.30~31 | トップページ | UBG谷 2011.8.17 »