« 石割山~大平山縦走 2012.2.18 | トップページ | 御正体山 2012.3.28 »

仏ヶ尾山 2012.3.20

=コースタイム=
6:00瑞浪~8:06登山口8:15~9:09展望どころ9:13~9:37雨ごいの岩9:51~10:03白山・御岳碑~10:12仏ヶ尾山10:45~10:53白山・御岳碑~11:00雨ごいの岩~11:11展望どころ~11:37登山口11:45~14:05瑞浪
山行の様子→仏ヶ尾山
 年度末の忙しさも一段落。1ヶ月ぶりに山に出かける。場所は川上岳に行く時、標識が気になっていた仏ヶ尾山だ。御岳、乗鞍岳の展望が良いらしい。
 6時に家を出発。少し前までこの時間は暗かったのに、もうすっかり明るい。快調にR19をHotokegaoyama_tozangutiとばし、いつもの道を飛騨方面に向かう。途中、コンビニで行動食を調達し、すきやで腹ごしらえ。その後、上呂駅正面の浅水大橋を渡ると、仏ヶ尾山への標識がある。
 この標識に導かれ、迷うことなく登山口に到着。

Jurin_no_kyuuto すぐそばのお墓の脇に車を止め歩き始める。植林された森を進むとすぐに鉄塔が建つ広場に出る。そこを過ぎると尾根の急登が始まる。久しぶりなので、息が上がる。50分ほどで展望どころに着き一休み。ここからは飛騨川と萩原の街が見渡せる。さらに急登が続き、尾根に岩Amagoinoiwaが多くなるとペトログラフという標識がある。
 ここを過ぎると程なく大きな岩がある場所につく。標識にはあまごいの岩とある。この岩の上に登ると、御岳、乗鞍岳がよく見える。写真を撮ってさらに急登を登り、少しなだらかな広場を通り、一登りで1120mピHotokegaoyama_sanchoークにつく。ここには鳥居と石碑があり、碑には御岳大神、白山大神と彫ってある。ここから右に直角に曲がり、痩せ尾根を下ってひと登りで広く開けた仏ヶ尾山山頂につく。Ontake_to_hagiwaragozenyama二等三角点があり、御岳、乗鞍岳が見える。西の樹間からは白山が見えるが、あいにく山頂部は雲に隠れていた。写真を撮りながら30分山頂で休憩。他に登山者もなく。静かな山頂で至福の時を過ごす。
Kuma_no_tumeato 10時45分に下山を開始。急登なだけに下りは早く、11時37分に登山口に到着する。帰路、付知で温泉に入り、14時過ぎに瑞浪に着く。山行の様子は、左の「無雪期登山 仏ヶ尾山」で見て下さい。

|

« 石割山~大平山縦走 2012.2.18 | トップページ | 御正体山 2012.3.28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/54266777

この記事へのトラックバック一覧です: 仏ヶ尾山 2012.3.20:

« 石割山~大平山縦走 2012.2.18 | トップページ | 御正体山 2012.3.28 »