« 六甲・長峰山~摩耶山 2012.4.29 | トップページ | 屏風山クリーンハイク 2012.5.27 »

2012春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳 2012.5.4~6

=1日目=
4:00瑞浪~6:30沢渡P6:50~7:11上高地7:19~8:02明神8:12~8:55徳沢9:08~9:58横尾10:21~11:40本谷橋~14:00涸沢
山行の様子→2012春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳
 今年の春山合宿は、YさんとKくんのリクエストにより、涸沢生活を楽しむべく、涸沢ベースで奥穂高岳の登頂ということになる。予定では5月3日から5日までの三日間だったが、中日の4日に悪天が予想されたので、一日ずらしての出発となる。
 多治見からYさんが僕、Kくん、Tさんを随時ピックアップし、4時に瑞浪を出発。GW後半の二日目だが早朝ということもあり順調に北上。薮原から奈川にぬける道に入るとちょうど桜が満開だ。天気も心配していたほどではなく、境峠を越えるころには雲の切れ間から青空と白い山々が顔を出す。
Sawandochusyazyou_no_sakura 2時間半ほどで沢渡の市営第二駐車場につくが、例年よりも車が少なくゲート付近に車がとめられた。さっそく共同装備を分担し、予約してあったタクシーに乗り込む。運転手さんの話では、例年になくお客さんは少ないということだった。20分ほどで上高地のバスターミナルにつき、さっそくザックを背負って歩き出す。久しぶりのテント泊の荷物の重さがが腰にこたえる。

Yokooohasi_to_byobuiwa いつもの道を観光客に紛れながら進み、明神へ。曇り空なので、明神岳も山頂付近を隠したままだ。汗をひとかきしたころ明神につき一休み、さらに徳沢を経て横尾につく。上空は若干陽差しもでるような感じで、屏風岩が大きく見える。
 横尾大橋を渡るとやっと登山道という雰囲気になり、道にも雪が出てByobuiwa_no_takiくる。若干ペースダウンしながら本谷沿いの道を行き、雪に覆われた本谷橋の場所まで歩く。11時40分にここを通過し、いよいよ涸沢への雪渓登りとなる。だらだらと雪渓を登るルートは重荷を背負うと登るのに一苦労だ。蟻の行列のように登山者が一列となり涸沢を目指す。途中、Karasawahyute_no_koinobori雨が降ってきて視界もなく、淡々と足下を見て進んでいく。何度目かのカーブをまがると涸沢ヒュッテの鯉のぼりが見えた。ここから二頑張りでようやく涸沢につく。
 重いザックを雪の上に投げ出し、さっそくテントを設営。ヒュッテに近い場所を削って平らにし、二日間の宿の完成だ。その後、涸沢酒店に出向き、おでんとビールで乾杯!その後テントに戻り二次会をしながらのんびり過ごす。
=2日目=
7:40涸沢~10:08穂高岳山荘10:33~11:53奥穂高岳12:03~13:30穂高岳山荘13:54~14:45涸沢
Karasawa_no_tentomura 雪交じりの強風が吹き荒れた夜が明け、アタック当日の朝を迎える。明るくなっても風が強く、4時にいったん起床したが、明るくなるのを待ち、もう一眠りする。6時ころテントの外に出ると東の方は晴れているようだが、前穂も奥穂も山頂付近が雲に隠れている状態だった。
Azukizawa_wo_noboru 午後の早い時間までなら天候は持ちそうだと判断し、朝食後、奥穂へ向かって出発する。まずはアズキ沢を登り、途中からザイテングラードに取り付く。上に行くに従って傾斜がきつくなり息があがる。やがてガスの中に入り傾斜が緩くなると白出のコルだ。小屋は屋根が出ているだけでまだ雪に埋まっている。
Okuhotakadake_sanchonite_201255 ガスはかかっているが、それほど風が強いわけではないので、アタック決行。岩稜に取り付きハシゴを登る。ハシゴを越えると雪壁があらわれ、ここでロープを出し、確保してもらい雪壁上部まで登る。ここで、ロープを固定し、後続の3人がプルージックで登る。稜線に出ると強風で雪粒が顔にあたり痛い。山頂直下の小雪壁を登り、岩稜を越えると、3190mの奥穂高岳山頂だ。生憎のガスで何も見えない。順番に写真を撮り合い、早急に山頂を後にする。
Hasigo_ue_no_seppeki 雪壁の上部までくると、突然ガスが霽れ、笠ヶ岳が見える。小雪壁を下り、ハシゴ上の雪壁に至ると、下に穂高岳山荘が見える。ヘリポートには遭難者を下ろすためのヘリコプターが着いている。岩にロープを固定し、トップでハシゴ上まで下る。岩に打ってあるハーケンを利用しロープを固定し、後続を待つ。最初にKくん、次にYさん、最後にTさんが下り、全員が無事に雪壁をクリア、ハシゴを慎重にくだる。穂高岳山荘手前の広場からは、常念岳がよく見え、前穂北尾根の鋭い岩稜が聳えている。小屋の裏手からは、ジャンダルムがよく見える。しばらく景色を堪能し、涸沢へと下り始める。
 雪が団子状になり足がとられ歩きにくいが、大股で、時にはシリセードをしながらグングHotakadakesanso_kara_maehokitaoneン下る。もう少しで涸沢のテン場だというときに、空が俄にかき曇り、目の前に雷光が走る。前穂の山頂付近に稲妻が落ちる。付近の人たちが一斉にスピードを上げて下りだす。
ここから、シリセードで一気にしたまで下る。雹にうたれながらなんとかテントにたどり着き一安心。あとは、テントの中で無事登頂の祝杯をあげる。
=3日目=
6:38涸沢~7:14本谷橋7:19~8:12横尾8:17~9:05徳沢9:20~10:00明神10:10~10:50上高地11:00~11:22沢渡P11:40~15:15瑞浪
 朝4時起床予定が目覚めたら4時50分。慌てて起きて朝食の準備をする。今日は天気が悪いということなので朝食後下山を開始する。まわりはすでにかなりのテントが撤収されKinokawa_wo_taberu_nihonzaru少々寂しい状態になっていた。一昨日苦労して登って来た道を、滑るように下り、40分ほどで本谷橋につく。この辺りから雨が降り出し、雨具を着ての下山となる。1時間弱で横尾に着き、少し休んで平坦な道を上高地に向かう。ここから2時間半ほどで上高地につくが、雨模様のため観光客もまばらだ。
 すぐにタクシー乗り場にいくと待つこともなく乗車でき、20分ほどで沢渡の駐車場に着く。荷物を積み込み、すぐ近くの下牧温泉へ。昼食もそこで摂り、あとは順調に走り、15時すぎに瑞浪につく。この連休は北アルプスは大荒れで、多くの遭難者を出したようだが、我々は無事に帰り着けた。
 山行の様子は、左の「合宿 2012春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳」で見て下さい。

|

« 六甲・長峰山~摩耶山 2012.4.29 | トップページ | 屏風山クリーンハイク 2012.5.27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/54690611

この記事へのトラックバック一覧です: 2012春山合宿 涸沢BC・奥穂高岳 2012.5.4~6:

« 六甲・長峰山~摩耶山 2012.4.29 | トップページ | 屏風山クリーンハイク 2012.5.27 »