« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »

利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14


山行の様子→利尻山・礼文島トレッキング
=利尻山 8月10日=
4:45ペンション~4:52利尻北麓野営場~5:28四合目5:35~6:35六合目6:45~8:15八合目8:20~9:03九合目9:10~9:45沓形分岐~10:10利尻山10:35~10:48沓形分岐~11:07九合目11:12~11:39八合目11:42~12:33六合目~13:10四合目13:13~13:45利尻北麓野営場14:00~14:10ペンション
 今年の夏休みは妻と息子と3人で、礼文島・利尻島に出かける。
Sentorea_nite 最初に利尻島に渡り、単独で利尻山に登り、次に礼文島に渡り3人でトレキングを楽しむ。旅の詳細については後ほど記すこととし、まずは、利尻山登山と礼文島トレッキングについて記すこととする。
 8月8日にセントレアの東横インに前泊し、9日10時55分の稚内行きANA機で北の大地に一っ飛び。その日は鴛泊のペンションに泊まり、翌日5時前に登山口まで送ってもらう。ちなみに奥さんと息子は、バスで利尻観光に出かける予定だ。

Risirihokurokuyaeijo 登山口の利尻北麓野営場に5時前に到着。写真を撮って整備された遊歩道を上る。ゲートのすぐ先に、外来植物の侵入を防ぐための靴洗い場があり、靴底を洗ってから歩き始める。3合目の甘露泉水まではきれいな遊歩道で10分ほどで到着。冷たい水で喉をKanrosensui潤し、ここから登山道がはじまる。
 樹林帯の緩い登りが続き、風が通らず多少蒸し暑い。4合目でペンションで作ってもらったおにぎりを食べ、さらに樹林帯を登る。徐々に傾斜が増し、5合目につくと北方に礼文島が見える。この辺りから樹木が低くなり、それとともに登山道が急になってくる。6合目からは眼下にペシ岬の灯台山と鴛泊港がよく見え、礼文島もきれいに見える。ここから緑のトンRisirizan_kara_rebuntohネルをグングン登ると第二展望台につく。長官山の山頂がはっきり見える。礼文島の上空には少し雲が湧いてきている。
 ここから尾根の急登を一頑張りし、8合目の長官山につく。ここまで約3時間。陽差しがあるのでかなり暑い。利尻山の山頂が望める場所だが、山頂部はガスがかかっている。ここからいったん避難小屋まで下り、最後の急登が始まる。9合目までくるとガスの中で、山頂で晴れることを祈りながら、ガレた急登を登ると沓形への分岐となる。ここから火山礫のガレ場を登り、岩の門をくぐると最後の急斜面になり、ひと登りで利尻山山頂につく。10時10分だ。

Risirizan_nanpoh 雲はあるが、青空が見え東にはオロロンラインも見える。すぐ南には立ち入り禁止の南峰が聳え、ロウソク岩もよく見える。東斜面にはお花畑が広がり、時折涼しい風が吹き上げてくる。ゆっくり写真を撮りながら休憩し、10時35分に下山にかかる。
 下りはガラガラな道で滑りやすく転ばないように慎重におりる。陽差しが強くとにかく暑い。汗がダラダラ出るが、水が残り少ないのでセーブしながら飲む。6合目でペンションに電話をし、迎えを頼む。さらに長い下りを1時間あまり、ようやく甘露泉水までくる。冷たい水を頭からかぶり、美味しい水で喉を潤す。あとはきれいな道を10分ほどで登山口につく。迎えが車で15分ほど待ち。ペンションの車で14時すぎに宿につく。
=礼文島トレッキング 8月12日=
9:15スコトン岬~9:35銭屋五兵衛記念碑~10:30ゴロタ山10:40~11:40ゴロタノ浜12:00~13:17澄海岬~13:40礼文島高山植物園
Sukotonmisaki 4時間コースを歩く予定だったが、強風地帯のため赤ちゃん連れでは厳しいというペンションの人のアドバイスで、車を使って少し歩くという方法でトレッキングをすることにした。
Gorotayama_kara_sukotonmisaki 朝8時半すぎにペンションを出て、レンタカーで最北のスコトン岬へ向かう。ここで写真を撮り、車で銭屋五兵衛記念碑まで行く。ここに車を置いて、標高180mのゴロタ山(ゴロタ岬)に向かう。道の周りは高山植物のお花畑でとても気持ちが良い。鮑古丹神社をGorotayama西に見下ろしながら、江戸屋との分岐からゴロタ山への坂を登る。ゆっくりのぼって30分ほどで断崖の上の山頂につく。辺りはお花畑で、標高180mなのに高山植物がいっぱいだ。強風の中、景色を堪能し、車まで戻る。


Gorotanohama 車で江戸屋まで下り、鉄府まで走り、車をとめてゴロタノ浜を散策。穴あき貝を拾う。海は碧く、水平線が広がる。突然雨が降ってきたので慌てて車に戻り、お昼ご飯を食べに、昨日行った金田ノ岬の「あとい」に向かう。ここで、うに丼を堪能し、再び車で、澄海岬に向かう。澄海岬は風Sukaimisakiが強く飛ばされそうになるくらいだったが、展望台からは礼文島の西海岸がきれいに見渡せる。海は透明度の高いブルーで美しい。
 車に戻り。次に上泊にある高山植物園に寄る。ここには、6月がRebunatumorisou開花時期の固有種、レブンアツモリソウが人工開花させてある。時期が違うので花は見れないと思っていたが、淡い黄緑の花がきれいに咲いていた。その他、レブンウスユキソウも咲いていた。
 その後、来た道をドライブしてペンションに戻った。
 山行と、旅の様子は、左の「無雪期登山 利尻山・礼文島トレッキング」で見て下さい。

|

« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/55427601

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14:

« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »