« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »

利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14


山行の様子→利尻山・礼文島トレッキング
=利尻山 8月10日=
4:45ペンション~4:52利尻北麓野営場~5:28四合目5:35~6:35六合目6:45~8:15八合目8:20~9:03九合目9:10~9:45沓形分岐~10:10利尻山10:35~10:48沓形分岐~11:07九合目11:12~11:39八合目11:42~12:33六合目~13:10四合目13:13~13:45利尻北麓野営場14:00~14:10ペンション
 今年の夏休みは妻と息子と3人で、礼文島・利尻島に出かける。
Sentorea_nite 最初に利尻島に渡り、単独で利尻山に登り、次に礼文島に渡り3人でトレキングを楽しむ。旅の詳細については後ほど記すこととし、まずは、利尻山登山と礼文島トレッキングについて記すこととする。
 8月8日にセントレアの東横インに前泊し、9日10時55分の稚内行きANA機で北の大地に一っ飛び。その日は鴛泊のペンションに泊まり、翌日5時前に登山口まで送ってもらう。ちなみに奥さんと息子は、バスで利尻観光に出かける予定だ。

Risirihokurokuyaeijo 登山口の利尻北麓野営場に5時前に到着。写真を撮って整備された遊歩道を上る。ゲートのすぐ先に、外来植物の侵入を防ぐための靴洗い場があり、靴底を洗ってから歩き始める。3合目の甘露泉水まではきれいな遊歩道で10分ほどで到着。冷たい水で喉をKanrosensui潤し、ここから登山道がはじまる。
 樹林帯の緩い登りが続き、風が通らず多少蒸し暑い。4合目でペンションで作ってもらったおにぎりを食べ、さらに樹林帯を登る。徐々に傾斜が増し、5合目につくと北方に礼文島が見える。この辺りから樹木が低くなり、それとともに登山道が急になってくる。6合目からは眼下にペシ岬の灯台山と鴛泊港がよく見え、礼文島もきれいに見える。ここから緑のトンRisirizan_kara_rebuntohネルをグングン登ると第二展望台につく。長官山の山頂がはっきり見える。礼文島の上空には少し雲が湧いてきている。
 ここから尾根の急登を一頑張りし、8合目の長官山につく。ここまで約3時間。陽差しがあるのでかなり暑い。利尻山の山頂が望める場所だが、山頂部はガスがかかっている。ここからいったん避難小屋まで下り、最後の急登が始まる。9合目までくるとガスの中で、山頂で晴れることを祈りながら、ガレた急登を登ると沓形への分岐となる。ここから火山礫のガレ場を登り、岩の門をくぐると最後の急斜面になり、ひと登りで利尻山山頂につく。10時10分だ。

Risirizan_nanpoh 雲はあるが、青空が見え東にはオロロンラインも見える。すぐ南には立ち入り禁止の南峰が聳え、ロウソク岩もよく見える。東斜面にはお花畑が広がり、時折涼しい風が吹き上げてくる。ゆっくり写真を撮りながら休憩し、10時35分に下山にかかる。
 下りはガラガラな道で滑りやすく転ばないように慎重におりる。陽差しが強くとにかく暑い。汗がダラダラ出るが、水が残り少ないのでセーブしながら飲む。6合目でペンションに電話をし、迎えを頼む。さらに長い下りを1時間あまり、ようやく甘露泉水までくる。冷たい水を頭からかぶり、美味しい水で喉を潤す。あとはきれいな道を10分ほどで登山口につく。迎えが車で15分ほど待ち。ペンションの車で14時すぎに宿につく。
=礼文島トレッキング 8月12日=
9:15スコトン岬~9:35銭屋五兵衛記念碑~10:30ゴロタ山10:40~11:40ゴロタノ浜12:00~13:17澄海岬~13:40礼文島高山植物園
Sukotonmisaki 4時間コースを歩く予定だったが、強風地帯のため赤ちゃん連れでは厳しいというペンションの人のアドバイスで、車を使って少し歩くという方法でトレッキングをすることにした。
Gorotayama_kara_sukotonmisaki 朝8時半すぎにペンションを出て、レンタカーで最北のスコトン岬へ向かう。ここで写真を撮り、車で銭屋五兵衛記念碑まで行く。ここに車を置いて、標高180mのゴロタ山(ゴロタ岬)に向かう。道の周りは高山植物のお花畑でとても気持ちが良い。鮑古丹神社をGorotayama西に見下ろしながら、江戸屋との分岐からゴロタ山への坂を登る。ゆっくりのぼって30分ほどで断崖の上の山頂につく。辺りはお花畑で、標高180mなのに高山植物がいっぱいだ。強風の中、景色を堪能し、車まで戻る。


Gorotanohama 車で江戸屋まで下り、鉄府まで走り、車をとめてゴロタノ浜を散策。穴あき貝を拾う。海は碧く、水平線が広がる。突然雨が降ってきたので慌てて車に戻り、お昼ご飯を食べに、昨日行った金田ノ岬の「あとい」に向かう。ここで、うに丼を堪能し、再び車で、澄海岬に向かう。澄海岬は風Sukaimisakiが強く飛ばされそうになるくらいだったが、展望台からは礼文島の西海岸がきれいに見渡せる。海は透明度の高いブルーで美しい。
 車に戻り。次に上泊にある高山植物園に寄る。ここには、6月がRebunatumorisou開花時期の固有種、レブンアツモリソウが人工開花させてある。時期が違うので花は見れないと思っていたが、淡い黄緑の花がきれいに咲いていた。その他、レブンウスユキソウも咲いていた。
 その後、来た道をドライブしてペンションに戻った。
……番外編:利尻島、礼文島の旅……
8月9日
 中部国際空港10時55分ANA機で稚内へ。飛行機は木曽三川上空から北アルプス上空Risiritoh_ni_tukuを飛び、佐渡島を下に見ながら日本海を北上し、利尻島を見ながら2時間で稚内空港に到着。さっそくバスでフェリーターミナルに向かい、遅い昼食でラーメンを食べ。16時すぎの便で利尻島に上陸。ペンション・Pensyon_no_yuusyokuグリーンウインドの車で宿につく。荷物を下ろしてすぐに夕食。しゃれた海鮮料理に舌鼓を打つ。その後はゆっくり部屋で過ごす。

8月10日
 利尻山登山。妻と息子は観光バスで利尻島一周ツアーへ。
8月11日
Momoiwa_tenbohdai 朝一番のフェリーで礼文島に渡る。生憎の天気で利尻山は見えない。港について予約しておいたレンタカーを借り、霧雨の中、桃岩展望台に向かう。海辺から山手に上り、少し行くと丘の上の駐車場につく。標高は100mもなく丘だが、高山植物が咲き乱れている。花のピークはNekoiwa6月なので、もう秋の花だが、それでも山全体がお花畑で美しい。
 その後、トンネルをぬけて桃台・猫台で猫岩と桃岩を展望する。海が透き通ったブルーで美しい。その後、アザラシが居る金田ノ岬に向かい。「あとい」でうUnidonに丼を堪能する。本州で食べるうにとはまるで別物。口の中でとろけて、濃い卵黄のような濃厚な味がする。その後、店の外の海岸で日向ぼっこをするアザラシを見て、北限のスコトン岬に向かう。時Kanedanomisaki_no_azarasi折陽も射し始め、遠くも見えてくる。岬の売店でお土産物を買ったり、記念写真を撮ったりする。それにしても風が強い。ちらっと利尻山の稜線が見える。
 その後、ペンションまでドライブし、ゆっくりと過ごす。
8月12日
 礼文島トレッキング
8月13日
Rebunto_wo_hanareru 天気は雨。朝一番のフェリーで稚内へ向かう。昼前に稚内に着き。レンタカーを借りて宗谷岬に向かう。途中で雨の中ヒッチハイクしている外人さんカップルをピックアップ。聞けば男性はイングランド人、女性はエストニア人で、交換留学で早稲田で国際法を勉強している学生さんとSoyamisaki_nite_hittihaikah_toのこと。今日は300km向こうの網走まで行くそうで、去年だったらそこまでいったのに…と話しながら宗谷まで乗せる。別れ際に一緒に写真を撮り、我々は間宮堂でホタテラーメンを食べる。その後、稚内へ戻り、ノシャップ岬の水族館に入る。その後、コウホネの家までドライブし、ドーミーインにチェックイン。ここで、予約日が一日先だったことが判明。どうにか代わりの部屋を用意してもらい泊まることができた。
8月14日
 朝食は海鮮食べ放題のバイキング。朝から食べ過ぎてしまい温泉に入ってお腹を減らす。天気は快晴だ。12時20分のバスで空港に向かい、13時35分のANA機で中部国際空Hikohki_yori_chokaisan港に向かう。上空からは利尻山が大きく見えた。やがて日本海に沿って南下。鳥海山がはっきり見える。やがて富士山と諏訪湖が見えると間もなく空港だ。あっという間の2時間のフライトの後、機外に出ると汗が噴き出す。
 その後、東横インに向かい、車を回収して18時すぎに帰り着く。
 山行と、旅の様子は、左の「無雪期登山 利尻山・礼文島トレッキング」で見て下さい。

|

« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/55427601

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14:

« 剱岳・早月尾根 2012.8.4~5 | トップページ | NG川支流HE谷 2012.8.30~31 »