« 利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14 | トップページ | KM川 2012.9.22 »

NG川支流HE谷 2012.8.30~31

Hetuttesusumu

山行の様子→NG川支流HE谷
=コースタイム=
18:30瑞浪~20:53駐車場5:24~5:40入渓点~5:47HE谷出合~14:20終了点14:40~16:00林道~17:15駐車場17:25~21:05瑞浪
 夏休みの最後を飾る渓流釣りに、Yさん、Kさんと3人で出かけた。
 前夜の18時半、市役所でKさんと合流し、宴会用の食料を調達し、いつもの道を北上。大気の状態が不安定らしく、時折激しい雷雨に遭遇しながら走る。駐車場に着く頃には雨も上がり、テントを張って寝る準備をした後、外で鶏ちゃんを食べながら遅い夕食だ。その後、明日の天候が良いことを祈ってそれぞれ眠りにつく。
 テントの中は蒸し暑く、寝苦しい一Nyuukeiten夜を過ごす。朝5時前に起床。沢装備を装着し出発する。まずは九十九折りを沢まで下る。先月は大雨の後で、上まで沢の流れる音が聞こえていたが、今日はいつもの流れだ。
 吊り橋の所から入渓し、しばらく進んで左側のHE谷に入る。水が冷たく透き通っており気持ちがいい沢だ。浅瀬を横切ると、イワナがピョンピョン跳び出してくる。

F1_wo_nozoku 今日はF1まで遡り、滝を高巻いてから竿を出す予定だ。1時間半ほど遡行するとやがてF1が見えて来る。少し手前の右岸をよじ登り、いやらしい草付きをトラバースし、最後は数m懸垂下降して沢に下りる。
Tohmeinamizu ここからさっそく竿を出し、釣り上がり開始だ。すぐにアタリがあり、8寸のきれいなイワナが上がる。ポイントが多いのでなかなか先に進まない。20cm以下はリリースしながらゆっくり釣り上がる。やがて、前方に大きなTuremasita滝が見えてくる。曲がり滝だ。滝壺までいくとなかなかの迫力だ。
 ここも右岸を巻き、上にぬける。さらに釣り上がり、最後の難関をへつりと懸垂下降で突破し、少し遡行して今日の終了点に至る。釣果は11匹、Magaridakiリリースしたのも同じくらいだった。
 終了点から左岸の沢を林道へ向かって登る。緩い沢だが登りが足にこたえる。1時間ほどすると空が真っ黒になり、遠くで雷鳴が聞こえる。沢かKyouno_toukaら離れ、あと少しで林道に出るというところでとうとう激しい雷雨に遭遇。ぬれながらカッパを着て、1時間半の林道歩きだ。
 17時すぎに駐車場につき、ひめしゃがの湯に直行。体を温め一息つKabaya_no_unadonき、下呂の「かばや」で美味しいウナギを食べ、21時すぎに瑞浪につく。
 山行の様子は、「渓流釣り NG川支流HE谷」で見て下さい。

|

« 利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14 | トップページ | KM川 2012.9.22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/55555618

この記事へのトラックバック一覧です: NG川支流HE谷 2012.8.30~31:

« 利尻山・礼文島トレッキング 2012.8.9~14 | トップページ | KM川 2012.9.22 »