« 富士見台 2012.10.13 | トップページ | 瑞牆山 2012.11.25 »

鬼面山 2012.11.10

=コースタイム=
5:30瑞浪~7:48地蔵峠8:05~9:15貴ノ峰9:20~10:47鬼面山11:50~12:45貴ノ峰12:55~13:46地蔵峠14:02~17:35瑞浪
山行の様子→鬼面山
 立冬を過ぎ、朝晩が急に寒くなってきた11月中旬。紅葉と展望を求めて伊那山脈の鬼面山に出かける。今回は、僕、奥さん、息子、奥さんのお母さん、Tさん、Yさん、Uさん、Uさんの娘さん、Iさん、Sさんの計10名で久しぶりの賑やかな山行となる。
 瑞浪を5時半に出発。だんだん空が白み始め、周りの山々が見え始める。雲一つ無い早朝の空に、恵那山が独特の山容を表している。中津川ICから中央道に入り飯田ICで降り、喬木村をぬけて、上村方面に走る。

Jizohtohge_no_jozohson 山々は紅葉で彩られ、沢沿いの道をドライブ気分で走る。矢筈トンネルをぬけ、しらびそ峠に向かう道をどんどん上っていく。やがて分岐し、地蔵峠への道を行き、7時50分前に地蔵峠につく。
Buna_no_kohyoh ここで身支度をして、地蔵尊の横を通って上って行く。出だしから急な尾根道で、最初の30分がなかなかしんどい。旧小屋跡で一息入れ、ゆっくりと上っていく。やがてガレた岩場となり、慎重に上る。樹木が切れたところKimenzan_sancho_20121110で景色を見ながら休憩。見下ろす山々のカラマツやブナの紅葉が美しい。
 ここから一頑張りで貴ノ峰につき、傾斜が少し緩やかになる。ブナの黄色く色づいた林をぬけ、三つほど小Minamikomagatakeutugidakekisokomagaピークを越すと鬼面山山頂につく。山頂のヤグラに上ると、伊那谷の向こうに恵那山から木曽駒ヶ岳までの中央アルプス、さらにその北に穂高連峰が望め、東を見ると冠雪して荒川三山、赤石岳、聖岳の南アルプスのKimenzan_kara_akaisidake巨峰、さらに光岳から南の山々が一望に望める。
 1時間ほど山頂で至福の時を過ごし、同じ道を下山にかかる。なかなかの急登の下りは慎重に歩を進めないと滑って転びそうだ。2時間弱で地蔵峠に戻り、大鹿村Kimenzan_kara_arakawasanzanの赤石荘の温泉にむかう。地蔵峠から下る道も紅葉が素晴らしく、大鹿村までドライブ気分だ。赤石荘の中央アルプスを望む露天風呂で体を温め、松川ICから中央道に入り、暗くなった17時半過ぎに瑞浪につく。
 山行の様子は、「無雪期登山 鬼面山」で見て下さい。

|

« 富士見台 2012.10.13 | トップページ | 瑞牆山 2012.11.25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/56089710

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼面山 2012.11.10:

« 富士見台 2012.10.13 | トップページ | 瑞牆山 2012.11.25 »