« 瑞牆山 2012.11.25 | トップページ | 南山・岩トレ 2012.12.8 »

弥勒山~大谷山~道樹山縦走 2012.12.1

Mirokusan_kara_ontake山行の様子→弥勒山~大谷山~道樹山縦走
=コースタイム=
12:25瑞浪~13:06野外活動センターP13:16~14:04弥勒山14:32~14:52大谷山~15:10道樹山15:15~15:50細野キャンプ場~1607野外活動センターP16:15~18:00瑞浪
 冬晴れの土曜日。朝遅く起き、早めの昼食を済ませ、家族3人で春日井アルプス縦走に出かける。
 近くにあるのに今回が初めての春日井アルプス。YさんのHPの地図をDLし、カーナビに導かれ、登山口の植物園に向かう。

Yagaikatudousentah_tyuusyazyou 家から30分ほどで植物園に到着。野外活動センターの駐車場に車をとめ、身支度をして息子を背負い歩き出す。道路脇の小道を入り、シダの茂った山道を進む。意外に人が多く数パーティーとすれ違う。植物園Kouyou_no_mitiからの散策道と合流し、水場を過ぎると東海自然歩道の道標があり、それに従って右折、広い林道を上って行く。
Mirokusan_sancho やがて、林道から分かれ、急な山道が始まる。紅葉の落ち葉を踏みしめながら登ると、稜線に出る。ここで一息ついてから左に進む。息を切らせながら急な階段を100Mirokusan_kara_nagoyaMirokusan_kara_enasanMirokusan_kara_chuohalpsm登ると弥勒山山頂だ。
 西側にある東屋で荷物を下ろし、暫しの休息。名古屋ドームやツインタワー、伊勢湾まではっきり見える。西には白い伊吹山地の山々、近くに尾張富士、入鹿池、明治村が見える。山頂の広場からは、雲の間に御岳の山頂部が見え、雲で山頂付近が隠れた中央アルプスの山並みも見える。さらに恵那山の長い山稜がMirokusan_kara_irukaikeOhtaniyama_sancho東によく見える。
 記念写真を撮り、急な階段を下り鞍部から南の大谷山に向かう。リョウブのトンネルを小さなアップダウンを繰り返すとあっという間に大谷Dojusan_sancho山につく。ここから登山道は東に曲がり20分弱で樹林の中の道樹山山頂につく。直下に縁結びの神社があり、安全登山を祈念し急な坂道をドンドン下る。不動の滝をすぎればEnjafudohnotakiあとは傾斜の緩い林道歩きとなり、15時50分に細野キャンプ場につく。
 ここから農家の間の道を皇帝ダリヤをみながら歩き、16時すぎにKouteidaria駐車場に戻る。帰路、高蔵寺のアピタでコーヒータイム。その後夕食を仕入れ18時に家につく。
 山行の様子は、「無雪期登山 弥勒山~大谷山~道樹山縦走」で見て下さい。

|

« 瑞牆山 2012.11.25 | トップページ | 南山・岩トレ 2012.12.8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/56235184

この記事へのトラックバック一覧です: 弥勒山~大谷山~道樹山縦走 2012.12.1:

« 瑞牆山 2012.11.25 | トップページ | 南山・岩トレ 2012.12.8 »