« 碁盤石山 2013.1.19 | トップページ | 恵那山 2013.2.10 »

浜石岳 2013.1.26

=コースタイム=
4:30瑞浪~8:34野外センターP8:50~9:34浜石岳10:30~11:00野外センターP11:12~18:49瑞浪
山行の様子→浜石岳
 Kさん企画の第二回グルメ山行で静岡の浜石岳に出かける。今回も大人数の山行で車三台に分乗する。参加メンバーはリーダーのKさん、Nさん、Tさん、Hくん、Iさん、Sさん、Kさん、会員外のKさん、我が家3人と妻の母の合計12人だ。
 朝4時半に市役所に集合。瑞浪ICから高速に乗り、環状線を南下し、豊田JCTから東名高速道に入る。三ヶ日JCTから新東名に入り出来たての広い快適な道を走る。浜松SAで朝食をとり、新清水JCTから南下し清水ICでR1に出る。あとはカーナビに導かれて浜石野外センターに向かう。

Tozandou 由比の駅前を通り、細い道を山めざして上っていく。ミカン畑の間をうねるように道が延び、どんどん標高を上げる。眼下には青い駿河湾がよく見える。
Hamaisidake_sancho やがて広い駐車場につき、ここに車をとめ身支度をして歩き出す。風が強く頬や手が冷たい。一登りで野外センターの広場につき富士山を眺めて一休み。さらにキャンプ場を横切り植林された森を登っていく。電波塔の下Hamaisidake_kara_surugawan部を巻くように西に進み、少し傾斜が増す。やがて先に草原状の平たん地が見えてくるとそこが浜石岳山頂だ。
 山頂からは北東に富士山が大きくそびえ、その南に愛鷹山、箱根山がはっきり見える。真っ青な駿河湾を眼Hamaisidake_kara_fujisan下に、その向こうには沼津アルプスから伊豆半島の山々が連なっている。風が少々あったが日差しが暖かく絶景を堪能する。
 富士山は雲をまとい時々山頂を見せてはまた隠すYuikou_kara_hamaisidakeといった感じで、おかげで何度も写真を撮ることとなる。全員で記念写真を撮り1時間ほど滞在した山頂を辞す。
 下山は東側の道を下り、すぐに林道に出て駐車場まで林道を歩Yuikouく。11時に車につき、ザックを積み込み、港にサクラエビのかき揚げを食べに行く。由比港の「浜のかき揚げ屋」という食堂で天つゆしみしみのかき揚げ丼を堪能する。売店でお土産を買Sakuraebinokakiagedonい、次は薩埵峠に向かう。
 細い道をカーナビに導かれ登っていくと崖っぷちの峠につく。ちょうど大勢の人が駐車場にあふれていたのでそばに路駐して峠まで歩く。
Sattatouge_kara_asitakayama 峠からは海岸沿いの狭いところに国道1号線と鉄道、高速道路が走っているのがよく見える。そして駿河湾を手前に奥に富士山と愛鷹山が絶妙な構図を作っている。写真をいくらか取った後、最後Sattatouge_kara_fujisan_to_asitakayに温泉で体を温めることとする。
 カーナビで温泉を探すがなかなかうまくいかず、最終的に竜爪山の近くの平山温泉という鄙びた温泉にたどり着く。少しぬるめのお湯だがHirayamaonsen出た後しばらく体が熱く効能がありそうな温泉だった。
 その後は静岡ICから東名高速を通り瑞浪に向かい、19時前に市役所につく。山行の様子は左の「無雪期登山 浜石岳」で見てください。Sattatouge_kara_fujisan

|

« 碁盤石山 2013.1.19 | トップページ | 恵那山 2013.2.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/56637836

この記事へのトラックバック一覧です: 浜石岳 2013.1.26:

« 碁盤石山 2013.1.19 | トップページ | 恵那山 2013.2.10 »