« 浜石岳 2013.1.26 | トップページ | 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 »

恵那山 2013.2.10

=コースタイム=
5:20瑞浪~6:45駐車場7:01~7:31広河原登山口7:40~11:25恵那山11:42~13:48広河原登山口13:52~14:15駐車場14:30~16:36瑞浪
山行の様子→恵那山
 三連休の中日。冬の恵那山に4人で出かける。
 朝5時前にKくんとTさんをひろい、市役所でNさんと合流。予定より20分ほど遅れて出発。恵那のコンビニで朝食と行動食を用達し、中津川ICで高速に入る。
 恵那山トンネルを抜け、すぐに園原ICで下り、スキー場方面に向かう。本谷川に沿って車を走らせると、民家が尽きるところから雪道となる。慎重に進み、6時45分にゲート前の駐車場につく。先客が2台ありトレースが期待できそうだ。
 身支度をしてまずは凍った林道歩きとなる。

Hirogawaratozanguti 30分ほどで広河原登山口につく。積雪は50㎝くらいだ。本谷川にかかる木の橋を渡りまずは急登をつづら折りに登っていく。ぐんぐんと高度を稼ぎ、林道があっという間に下に見えるようになる。いったん傾斜が緩んだとSeppi_no_one_wo_noboruころで一休み。風が強く小雪が舞っている。暖かい紅茶で生き返る。
 道はトレースが出来ておりそれほど潜ることはないが、ちょっとトレースを外すと膝まで潜る。やがてシュカEnasan_sancho_2013210ブラが発達した尾根に出ると時折雲が切れ青空の向こうに白い山々が見えてくる。下山してくる2パーティーとすれ違い、さらに後続の2人に抜きつ抜かれつしながら尾根を登る。標高2000mを越えると傾斜が緩くなり山頂Syukabura_to_minamialps稜線の端に出る。あとは広い尾根を北に進み、2、3のアップダウンを越えると恵那山山頂につく。
 残念ながら山頂は薄い雲の中で日差しがなく寒い。まずは記念写真を撮り、行動食で腹ごしらえ。時折青空が見えるが寒いので長居は無用と30分弱で下山にかかる。
Siranesanzan_2013210 山頂稜線から尾根に出る頃には雲がはれ、南アルプスと伊那谷が見えてくる。風が強く雲の流れが速い。時折流れる雲に隠されながらも、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒Arakawasanzanakaisidakehijiridake_2川三山、赤石岳、聖岳、上河内岳の連なりがよく見える。
 写真を撮りながらガンガン下り13時48分に登山口につく。ここから30分ほど林道を下り14時15分に駐車場につく。駐車場には数台車が止まっており、多治見労山の人たちだということが判明。時間の関係Fujimidai_2013210で山頂までは行けず途中で引き返したとのことだった。
 その後、阿智の温泉で汗を流し、16時半過ぎに瑞浪につく。山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 恵那山」で見てください。Akaisidake_2013210

|

« 浜石岳 2013.1.26 | トップページ | 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/56741075

この記事へのトラックバック一覧です: 恵那山 2013.2.10:

« 浜石岳 2013.1.26 | トップページ | 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 »