« 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2013.4.14 »

天狗岳~ニュウ~白駒池~高見石 2013.3.23~24

=コースタイム(1日目)=
6:00瑞浪~8:45渋の湯9:15~11:10黒百合ヒュッテ11:35~12:44東天狗岳13:05~13:20西天狗岳13:35~14:20黒百合ヒュッテ
山行の様子→天狗岳~ニュウ~白駒池~高見石
 年度末の3月。何かと忙しく、今回、一ヶ月ぶりの山行となる。
 6時前にKくん、Tさんを拾い市役所でKくんの同級生Hくんと合流。中津川から中央道にのり駒ケ岳SAで朝食をとる。
 天気は予報通り晴れていたが、諏訪に近づくにつれ薄い雲が上空に増えてくる。Kくんの本領発揮かと言いながら諏訪ICでおり、カーナビに導かれて、渋御殿湯をめざす。

Sibugotenyu 例年になく周りは積雪がなく順調に進み渋の湯の手前の細い道も凍結しておらず予定通り9時前に渋の湯につく。
 駐車料金を払い身支度をし、少し歩いて橋を渡ると登山道が始まる。Jyurinwoyuku出だしから道が氷化し滑らないように慎重に歩く。どうにか難所をクリアし急登を登るとフラットな道となる。なだらかな雪の道をどんどん進むとだらだらした登りになる。1時間も歩くと唐沢鉱泉の分岐となり一Kuroyuriht息入れる。さらに気持ちのよい森を1時間ほどで1mほど雪の積もった黒百合平らにつく。
 黒百合ヒュッテには大きなソーラーパネルが設置されていた。目の前には天狗の庭に続く雪の斜面がHigasitengudake迫っている。外のベンチで休憩し、宿泊手続きを済ませ、不要な荷物を置いて天狗岳に向かう。
 黒百合平を東に5分ほど進むと中山峠につく。ここは北八ヶ岳東側の断崖の縁で野辺山方面がよく見える。ここから西に進Higasitengudake_kara_minamiyatugataむと天狗の庭を通る道と合流し、雪稜の登りとなる。雪庇が発達しているのであまり東によらないように歩く。最後は岩稜と雪のミックスを登ると東天狗岳につく。空は高曇りで冬空に南八ヶ岳の山々が大きく迫って見える。すぐ西には西天狗岳がすぐ側だ。
 写真を撮った後、西天狗岳めざしていったん鞍部に下り、雪壁を登り返しすと西天狗岳につく。

 さっきまでいた東天狗岳の向こうには浅間山がうっすら見え、西側には槍・穂高連峰が微かに見える。北には北八ヶ岳の山々と蓼科山がよく見える。
 山頂で写真をとった後、下山にかかる。鞍部からは東天狗岳の山腹をトラバースして天Tengunoniwa_kara_tengudake狗の庭への道を下る。岩稜を下ると雪原歩きとなり、軽いアップダウンを繰り返すとやがて黒百合ヒュッテを下に見る斜面の上に出る。あとは一気に斜面を下り本日の行動終了となる。
 小屋に入って荷物を置き、さっそく食堂で乾杯。ほろ酔い気分になった頃、一人1000円増しで個室がキープできるという情報を得、さっそく支払いを済ませ個室に荷物を運び込む。その後、僕以外の3人は、再び飲みに食堂へ。僕は睡魔に任せ昼寝を決め込む。
 その後、17時半にハンバーグメインの夕食をいただき、後は部屋でウダウダ過ごし、20時半の消灯前にいつの間にか眠りにつく。
=コースタイム(2日目)=
6:53黒百合ヒュッテ~6:58中山峠~7:51ニュウ8:15~8:56白駒池9:10~9:59高見石10:25~11:25渋の湯11:37~14:50瑞浪
Nyuu_no_sankakuten 6時少し前に朝食の合図で起床。卵かけご飯で朝食を済ませ、バタバタと出発準備をする。外に出ると昨日よりも天気が良く青空が広がっている。昨日歩いた道を中山峠まで行き、昨日とは反対側に尾根を進む。Nyuu_kara_fujisanやがてニュウへの分岐を右に折れ、トレースを辿って下り気味に進む。これまでの道よりもトレースが薄く、時々迷いながら下っていく。やがて下りきると道は左に登り気味に続き、1時間ほどでニュウの岩峰につく。
Nyuu_kara_yarihotakarenpoh 岩峰の上からは富士山が望め、中央アルプス、南八ヶ岳、奥秩父の山々がよく見える。また、北アルプスの山々も白く長い連なりがはっきり見える。そして、すぐ北Sirokomaike_to_kitayatugatakeにはこれから向かう白駒池が白く凍って見え、その向こうに頸城三山、根子岳、四阿山、浅間山がよく見える。
 景色を堪能して岩峰を下り、樹林帯を抜けて白駒池をめざす。途中トレースを見失ったので、GPSを頼りに直線的に雪の斜面を下る。夏には湿地Nekodakeazumayayamaasamayamaであろう雪原を突っ切り強引に直進すると白駒池の畔に出る。
 池は完全に凍結しており、凍った池の真ん中を突きって白駒荘に出る。ここから40分ほど登ると高見石小屋に着く。

Takamiisigoya_to_chuhohalps 小屋のすぐ上の高見石からの展望を楽しみ、小屋のテラスまで下り行動食を食べて一休み。その後、賽の河原を通り渋の湯に戻る。
Takamiisi_kara_chuohalpus 駐車場で荷物を車に積み込み、茅野の縄文の湯で汗を流し、瑞浪には15時前につく。山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 天狗岳~ニュウ~白駒池~高見石」で見てください。

|

« 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2013.4.14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/57023573

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗岳~ニュウ~白駒池~高見石 2013.3.23~24:

« 40周年記念市民登山 石割山~大平山 2013.2.23 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2013.4.14 »