« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

御岳・ライチョウ調査 2013.6.22~23


=コースタイム<1日目>=
4:00瑞浪~6:55濁河温泉P7:12~7:57湯の花峠8:07~9:03おたすけ水9:10~10:05五の池小屋12:20~<ライチョウ調査Ⅰ>12:50継子岳12:55~14:05五の池小屋
山行の様子→御岳・ライチョウ調査
 県連でライチョウ調査を実施することがバタバタ決まり、梅雨のこの時期に御岳に登る。
 天気予報では土日と晴れるということで、晴れ男のYさんと、晴れ男に変身したというKくんの計3人で飛騨側の濁河温泉をめざす。
 岐阜県側から登るのだが、いったん長野県に入り開田を経由して長峰峠を越えて入った方がアクセスが良いということなので、まずはR19を北上する。木曽福島トンネルを抜けて開田高原方面に左折し快調にとばす。空は予Sangakudouro_wo_yuku報通り青空だが、九蔵峠から見た御岳は山頂部が雲に隠れていたのが気がかりだ。
 長峰峠を越え、高山に向かう道に別れを告げ、チャオ御岳への道を上っBiotoireていく。スキー場の前を通りカーブの多い道をひたすら進み小坂から来た道と合流するとまもなく濁河温泉につく。
 7時前に駐車場につき、身支度をして出発。中津川のYさんも一緒になり4人で五の池小屋をめざす。
 このコースは初任者研修で登って以来20年ぶりだ。登山口にはバイオトイレがありしっかり用を済ませ出発だ。

続きを読む "御岳・ライチョウ調査 2013.6.22~23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »