« AR谷右俣 2013.8.4 | トップページ | NR川右俣 2013.9.21~22 »

黒岳、羅臼岳 2013.8.9、12

=コースタイム(8月9日)=
7:40山麓駅~7:48黒岳駅(五合目)~8:14七合目8:15~9:49黒岳9:58~10:38七合目~10:54黒岳駅11:20~11:28山麓駅11:40
山行の様子→黒岳、羅臼岳
旅の様子→北海道・知床の旅
 毎年恒例の夏の北海道旅行。今年は旭山動物園、知床、富良野を一週間で回る旅だ。その途中で大雪山系の黒岳に家族で登り、知床の最高峰・羅臼岳に単独で登る計画を組み込んだ。
 北海道に来て二日目、ずっと曇り空が続いている。昨夜は層雲峡の朝陽リゾートホテルに泊まり温泉でゆったりくつろいだ。朝早く置き、ロープウェイを使って家族で黒岳山頂に向かう。

Kurodake_7goume 駐車場で岐阜ナンバーの車を見かける。聞けば関から来たと言うことだ。滝が好きで滝巡りをしているらしい。
 身支度をしてロープウェイに乗り込む。高曇りで尖った黒岳の山頂がKurodake_sanchoよく見える。8分ほどで5合目の駅に着き、200mほどあるいてリフトに乗る。これでらくらく7合目まで登る。
 8時過ぎに7合目に着くとポツポツと雨が降ってきた。それでも空は明るいので行こうと言うことになり、Daisetutorikabuto息子を背負って歩き出す。15分ほど歩くと雨が強くなってきたので、妻と息子はここで下山を開始する。単独で足取り軽く…のはずだったが朝食のバイキングを若干食べすぎ胃が気持ち悪い。加えて雨具Ezohimekuwagataを着て蒸し風呂状態なので一向にペースが上がらない。
 分かれて20分ほどで8合目、さらに30分で9合目に達する。マネキ岩を過ぎ、一頑張りで1984mにつく。山頂は強い風で雨粒が顔にあたり痛Nagahakitaazamiい。悪天候にもかかわらず雲が高いのでお鉢平を挟んで、大雪山系の山々がよく見える。小さく最高峰の旭岳も頭を見せている。
 悪天候のため記念写真を撮って早々に下山にかかEzonomarubasimotukeる。雨の中、ダイセツトリカブト、チシマノキンバイ、ウサギギク、カラマツソウ、ハクサンチドリ、ナガハキタアザミ、エゾヒメクワガタ、エゾノハクサンイチゲ、チシマフウロ、イワギキョウ、イワTisimafuuroブクロ、エゾイワツメクサ、マルバシモツケなどの高山植物の競演に励まされながらグングン下る。40分ほどで7合目につき、リフトに乗って5合目に。黒岳駅の外にはチシマヒTisimakinnbaiョウタンボクが赤い実をつけ、エゾシマリスが木の実をかじっている。妻と息子に合流し、ロープウェイで山麓駅に戻る。その後、身支度して清里へ向かう。

=コースタイム(8月12日)=
5:35岩尾別温泉~6:13オホーツク展望台6:17~7:05弥三吉水~7:14極楽平7:20~8:26大沢入口8:32~9:19羅臼平~10:16羅臼岳10:34~11:14羅臼平~11:40大沢入口~12:27極楽平12:35~12:44弥三吉水~13:15オホーツク展望台~13:42岩尾別温泉
Kitakitune 予定では前日に羅臼岳に登る予定だったが朝から雨が降っていたため一日順延となる。宇登呂についた日にネイチャーセンターで熊よけスプレーをレンタルし30分の使用等に関する講習を受けた。
Ezosika 当日は5時前に起き、妻に岩尾別温泉・ホテル地の涯まで送ってもらう。天気は曇り、ここで身支度をして徒歩3分で木下小屋だ。
 ここから登山道がはじまり小さなKinositagoya祠の前を過ぎると九十九折りの急登が始まる。熊鈴を鳴らしながらドンドン進むと汗が噴き出してくる。樹林帯の道はあまり風が通らず蒸し暑い。40分ほどでオホーツク展望台につくと南に海岸線とオホーツク海が見える。さOsawa_no_sekkeiらに登ると昨日歩いた知床五湖が鈍い朝の光に輝いているのが見える。
 背の低い白樺の森を進むと弥三吉水の水場につく。極楽平を経由して仙人坂の急登を登ると銀冷水だ。ここで登山道補Ezokozakura修工事の現場に出くわし、ヘリコプターでの資材運搬のため少し足止めされる。さらに登ると大沢入口につく。このあたりから高山植物が咲き乱れており、エゾTisimakumomagusaコザクラ、タカネタチツボスミレ、エゾツツジ、チングルマ、イワギキョウがお花畑を作っている。雪渓が少々残っているが難なくこなし、お花畑の中の道を登ると羅臼平に出る。
 左に三峰の岩Karafutoitiyakusou峰が大きく見える。2張りほどテントが張ってあり、数パーティーが休んでいた。その前にキタキツネがウロウロしておりカメラに収める。フードロッカーの前を通り、右手のハEzotutujiイマツ帯の道に入る。霧雨がやがて大粒の雨に変わり、仕方なく雨具を着る。石清水の前を通り、濡れた岩をすべらないように慎重に登っていく。
 やがて山頂の岩峰の影がガスIwabukuroの先に見えてくる。その直下を右に回り込んで一登りすると1661mの羅臼岳山頂だ。風雨が強く、展望は無い。山頂にいた人と記念写真を取り合い早々Meakanfusumaに下山。山頂から下山時間予定をメールしとっとと下る。
 登りでは通過した岩清水で美味しい水を飲み、40分ほどで羅臼平につく。さらに大沢を下り、銀冷水の工事現場で数分ヘリコプター待ちをし、さらにどんどん下る。いつの間にRausudake_sanchoか雨も上がり、仙人坂からは知床五湖やオホーツク海も見えている。極楽平で昼食をとり登山口には13時40分すぎにつく。ここで50分ほど網走に観光に行っている妻を待ち、ホテルに向かう。
 Siretokogoko_wo_nozomu山行の様子は「無雪期登山 黒岳、羅臼岳」で見てください。

|

« AR谷右俣 2013.8.4 | トップページ | NR川右俣 2013.9.21~22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/58001654

この記事へのトラックバック一覧です: 黒岳、羅臼岳 2013.8.9、12:

« AR谷右俣 2013.8.4 | トップページ | NR川右俣 2013.9.21~22 »