« NR川右俣 2013.9.21~22 | トップページ | 天保山 2013.10.12 »

熊伏山 2013.9.28

Kumabusiyama_sancho_kara_minamiar_2山行の様子→熊伏山
=コースタイム=4:00陶~6:29トンネル前6:50~7:02登山口~8:30明治の平~10:16稜線分岐~10:33熊伏山11:15~11:20稜線分岐~12:20明治の平~13:18登山口~13:29トンネル前13:38~16:20陶
 秋の南アルプスの展望を期待して天龍村の最高峰・熊伏山に出かける。
 メンバーは僕とKさん、Yさん、Yさんの友人のHさんの4人。陶のコミュニティーセンターに4時に集合し下道で天龍村をめざす。

 まずは山岡、岩村を抜け、トンネルをくぐって上矢作に。ここからR418をひたすら進む予定Tebori_no_tonneruだったが、先日の台風による土砂崩れのため通行止めになっていた。しかたなく、根羽にぬける間道を通り、大桑峠を越えてR153に出る。
 平谷のひまわりの湯手前の交差点からR418に入り、あとはひたすら進んTenryumuratoangutiでいく。2時間ほどで平岡の駅前につき、登山口の案内標識に従って山肌の道を上っていく。
 やがて獣除けのゲートに至り、ゲートを開閉して通過、道が狭くなりやがてオフロードとなる。しばらくいくとトンネルがあり、その手前のスペースに駐車する。
Taki_ga_mieru 朝食を食べながら出発の準備をし、6時50分に歩き出す。まずは手掘りのトンネルをぬけ沢に沿って林道を歩く。10分ほどで天龍村登山口につき、それなりに整備された道を行く。
 やがて鉄の橋が現れ、それを渡るHiraokadamuと大きな滝が見える。ここから本格的な登りが始まり、Tシャツになり登っていく。道は沢沿いに付いており、沢音を聞きながらどんどん登る。
 やがて沢を渡り左岸にとりつくと尾根への急登が始まる。明治の平に出て一息つくも、そこをすぎてしばらく行くと再び尾根の急登が始まる。汗をKumabusiyama_sancho_3かきながらゆっくり高度を稼ぎやがて眼下に平岡ダムが見えてくる。そこからまだしばらく急登が続き、10時15分すぎに山頂への稜線に出る。
 一息入れて最後の急登を登り切ると小さな広1tousankakuten場状の熊伏山山頂につく。山頂の西側は樹林で展望がなく、東側は開けており、左に聖岳がわずかに頭を見せている。正面に大きく上河内岳から光岳への緑の稜線がよく見える。
Tenryuonsen_okiyomenoyu ゆっくり休憩し、11時15分に下山開始。あえぎながら登った道をぐんぐん下り、2時間ほどで登山口につく。ザックを下ろし車に乗り込み、途中、天龍温泉おきよめの湯で汗を流し、16時すぎに陶につく。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 熊伏山」で見てください。

|

« NR川右俣 2013.9.21~22 | トップページ | 天保山 2013.10.12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/58287404

この記事へのトラックバック一覧です: 熊伏山 2013.9.28:

« NR川右俣 2013.9.21~22 | トップページ | 天保山 2013.10.12 »