« 定光寺ロックガーデン 2013.11.9 | トップページ | 南山ゲレンデ・岩トレーニング 2013.11.30 »

薮原~鳥居峠~奈良井ハイキング 2013.11.24

Toriitohge_kara_ontake=コースタイム=
8:10瑞浪~10:15藪原駅10:23~11:25森林測候所跡地11:40~11:50鳥居峠11:55~13:00奈良井宿14:19~14:26薮原駅14:35~17:54瑞浪
山行の様子→薮原~鳥居峠~奈良井ハイキング
 冬晴れの一日、会のTさん企画で中山道ハイキングに出かける。メンバーはリーダーTさん、Hさん、Hくん、我が家3人と妻のお母さんで総勢7人。
 8時に市役所に集合、2台の車で藪原駅に向かう。途中、寝覚でトイレ休憩し、10時15分に藪原駅に着く。

Yabuharajyuku_no_sikkiya 駅前の駐車スペースに車を止め身支度し、旧薮原宿を歩く。所々に昔の面影を残した家が建っている。古めかしい漆器屋がいかにも木曽路の宿場の風情を醸している。飛騨街道との分岐を過ぎると、やがて道は上りになり、ゆっくりと高度を上げていく。
 大モミジを過ぎしばらくいくと道は樹林帯へと入り、石畳が始まる。落ち葉が積もっており若干滑りやすい。石畳を上りきると熊除けの鐘があり、そこIsidatami_wo_noboru_2からつづら折りの道が始まる。展望はあまり無いが、樹間から薮原の町が見えている。
 やがて広場のようになっている森林観測所跡地につく。ここには立派な休憩所があるが、冬期は閉鎖されているので、外のベンチで一息入れる。おやつをつまみながらゆっくり休憩する。
 休憩所の横を通り、少し進んで丸山公園を過ぎたところから急登を一登りすると今回最高点鳥居峠に着く。イメージでは御岳が裾のまで見える予定だったが、実際は山頂部が前山の奥に見えるというものだった。20年前の記憶とはこうも曖昧なものPb243370かと思った。
 名前の由来にもなっている鳥居は亀裂が入り下を通ることはできなくなっていた。社の横を迂回して道に戻り奈良井への下りにかかる。
 下りはじめてすぐに木祖村天然記念物に指定されている鳥居峠トチノキ群を通る。トチの大木が林立しなかなか雰囲気がある。さらに下ると小屋があり北方に奈良井が見える。あとは九十九折りをぐんぐん下り、何人かNaraijyukuの人とすれ違う。
 1時間ほどで奈良井宿の端に到着、駅横の蕎麦屋まで宿場歩きとなる。蕎麦屋で新そばを堪能し、14時19分の電車で薮原へ向かう。あっという間に薮原駅に着き、ザックを車にのせ、途中、寝覚で温泉に入り、18時前に瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 薮原~鳥居峠~奈良井ハイキング」で見てください。

|

« 定光寺ロックガーデン 2013.11.9 | トップページ | 南山ゲレンデ・岩トレーニング 2013.11.30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/58641379

この記事へのトラックバック一覧です: 薮原~鳥居峠~奈良井ハイキング 2013.11.24:

« 定光寺ロックガーデン 2013.11.9 | トップページ | 南山ゲレンデ・岩トレーニング 2013.11.30 »