« 御岳 2014.3.8 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2014.4.13 »

上高地~蝶ヶ岳 2014.3.21~23

山行の様子→上高地~蝶ヶ岳
=コースタイム(1日目)=
6:00瑞浪~9:00沢渡9:30~9:45釜トンネル9:55~11:00大正池ホテル11:10~12:00上高地バスターミナル12:18~13:30明神13:42~15:00徳沢
 春分の日が金曜日で3連休となり、徳沢から蝶ヶ岳に登ることになり出かける。
 今回はリーダーTさん、Kくん、福島のOさん、そして僕の4人。6時にKくん宅に集合後、TさP3214349んを拾いR19を順調に北上する。
 天候は北上するに従い下り坂で、木曽に入ると雪が舞い始める。境峠への道は真っ白で慎重に車を走らせる。タクシーの予約時間ジャストの9時P3214350に市営第2駐車場につく。
 瑞浪はもう春なのに、ここは雪が舞い冬の世界だ。ザックに共同装備を詰め、タクシーに乗り込む。
 15分ほどで釜トンネルにつき、まずは1310mのトンネル歩きが始まる。15分ほどで出口につくが、相変わらずの雪降りで、焼岳の姿は見えない。

P3214368 うっすら雪の積もった車道を登って行き、少し下ると大正池の堰堤につく。ここから1m以上雪が積もった車道歩きとなり、11時に大正池ホテルに着く。
 2パーティーほどが休憩しており、雪を避けて庇の下で休憩する。雪のP3214383降る中、黙々と雪道を行くと、やがて赤い屋根が見え、冬期閉鎖中の帝国ホテル前につく。山側から大木が倒れ、道を塞いでおり、避けながらさらに20分ほどで上高地バスターミナルにつく。
 道は一面2mほどの雪で覆われており、ここでスノーシューを装着する。行動食と紅茶で体を温め、何もP3214396見えない河童橋で証拠写真を撮り、小梨平を抜けて雪原のトレースに沿って小一時間で明神につく。
 小雪が舞う中、少し休んで今日の目的地・徳沢に向かう。多少のアップダウンを繰り返し15時ちょうどに雪原と化した徳沢につく。
 冬期トイレの近くに場所を確保し、まずはみんなで「乾杯!」妻が作った鳥ハムを肴にワインで宴会となる。なんだかんだでそのまま夕食、今日のメニューはすき焼きだ。外はまだ雪が降っているが、明日の好天を期待して、7時すぎにシュラフにもぐり込む。

=コースタイム(2日目)=
6:05徳沢~12:15蝶ヶ岳12:45~16:05徳沢
 4時に起床。外に出ると月明かりと満点の星空が今日の好天を約束してくれる。
 コンロに火をつけお湯を沸かし朝食の味噌煮込みうどんを作る。胃から徐々に温かくなっP3224424た後、テルモスにお茶をつめ、出発の用意をする。
 樹林の向こうには、朝日を浴びた前穂高岳、明神岳が神々しく輝いている。徳沢園の前の標識に従って長塀尾根に取り付く。出だしから急登P3224443でグングン高度を稼ぐ。
 鬱蒼とした森の中を先行者のトレースをたよりに登って行くと、すぐに先頭に追いつく。アイゼンで登っている人はかなり足が潜るようで苦労している。我々はスノーシューなので、快調に登って行くことができた。
 途中でKくんが、お腹の不調を訴え休憩する。どうImgp7454やらかなり痛く下痢気味のようだ。Oさんから薬をもらって飲むがそれほど効果が無いらしい。多少ペースを落として登っていくが、尾根の上部でリタイヤとなる。
Imgp7455 Kくんの敗退地点から5分ほど登ると西側が開けた展望地に出、御岳、乗鞍岳、霞沢岳、焼岳、明神岳、前穂高岳のパノラマが眼前に展開する。
 しばらく写真を撮りながら休憩し、さらに急登を登ると道はいったんトラバース気味に南に進む。尾根の端に出ると再び尾根上を北上し、長塀山山頂稜線をP3224467進む。時折樹間から穂高連峰や槍ヶ岳の姿を見ながら細かいアップダウンを繰り返すと、長塀山山頂と思われるピークに達する。
 そこからいったん下りとなり鞍部まで下り、妖精の池を右に見ながら進P3224483むと、ついに我々が先頭になりラッセルしながら登ることになる。手前に見える高みが蝶ヶ岳のピークか?と思いながら何度か裏切られた後、森林限界を越えると北アルプスの山々をバックに大きな白いピークが見える。
 左手に槍・穂高連峰を見ながら白い斜面を登るとその直ぐ先に待望の山頂が現れる。12時を多少回っているため、御岳、乗鞍岳は雲で見えなかったが、槍・穂高連峰が眼前に大きく聳え、北には常念岳が雲をたなびかせている。


 だれもいない蝶ヶ岳P3224486山頂に本日一番乗りで絶景を堪能する。厳冬期と違い、日差しが暖かくゆっくりと景色をカメラに収めることができる。
 いつものごとくシャッターを切りまくり飽きるほど槍・穂高連峰を眺めていると、後続のパーティーが続々山頂にやってくる。
Imgp7488 30分ほど山頂で至福の時を過ごし、徳沢への長い下りにかかる。喘ぎながら登った道を滑るようにグングン下る。あっと言う間に長塀山との鞍部に付き、登り返すとあとは徳沢までほぼ下り一方だ。
P3224507 樹林帯のうんざりするほど長い下りをグングン進み下り飽きた頃、徳沢園の建物の屋根が見える。16時すぎにテントに辿り着き、冬靴を脱ぎテントに入って一息つく。後はワインを飲みながら夕食を作りほろ酔い気分でシュラフに入る。

=コースタイム(3日目)=
7:25徳沢~8:10明神8:30~9:30河童橋9:45~10:33大正池ホテル10:45~11:33釜トンネル~11:50沢渡12:05~15:48瑞浪
 5時前に起床、外は今日も満天の星空だ。ゆっくり朝食の準備をし、7時前にテントを撤P3234525収、7時半前に下山を開始する。
 徳沢の入り口の河原から、青空に前穂高岳東壁が黒く聳えているのが見える。写真を撮りながら梓川の河原につけられたトレースを辿る。P3234542明神手前で左岸道路に出て、穂高神社の奥宮に参詣する。明神池のバックには明神岳が神々しく聳えていた。
 明神橋を渡り、いつもの道を上高地へ向かう。河童橋に着くと、岳沢上空はガスが発生P3234556し、奥穂高岳山頂は隠れていたが、西穂へ続く稜線や前穂高岳は青空に映えて美しい。南には焼岳が噴煙を上げている。
 河童橋で一息入れて1時間ほどで大正池ホテルP3234571につく。ここでタクシーに連絡し、40分ほど下り釜トンネル出口につく。タクシーはすでに来ており、さっそく乗り込み駐車場に向かう。
 駐車場につき、荷物を車に積み込み、すぐそばのP3234590下牧温泉食堂で三日間の垢を落とし、お腹も満たして瑞浪に向かう。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 上高地~蝶ヶ岳」で見てください。

|

« 御岳 2014.3.8 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2014.4.13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/59344105

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地~蝶ヶ岳 2014.3.21~23:

« 御岳 2014.3.8 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2014.4.13 »